2017/05/11 19:56:33

1

政治・経済・社会

高校生が「妹を強姦する」と脅し監禁した友人に性行為を強要 数十分の暴行や恐喝なども明るみになり大問題に



【簡単に説明すると】
・韓国の高校生らが友だちを監禁
・恐喝や暴行まで
・「妹を強姦する」と脅し性暴行まで

高校生

親しかった10代の友だちが突如として豹変し性暴行を加えたことで韓国国民に衝撃を与えている。

10日、ソウル中央地検女性児童犯罪調査部は18歳の高校生ら3人を監禁致傷、共同暴行、脅迫などの疑いで拘束し起訴したと発表。

検察によると、被害者Aさんは昨年10月頃に加害者に「公務員試験の準備があるから」と徐々に距離を置いていたことがわかった。被害者のAさんと加害者は小学生、中学生を一緒に過ごし家族ぐるみで付き合う仲だった。

距離を置かれたことに対して腹をたてた加害者は友だちと一緒にAさんを常習的に暴行するようになった。1回の暴行時間が20分~30分と長くそんな暴行が計13回も行われたという。

加害者の犯行はこれだけではなかった。Aさんを脅迫し金品まで恐喝。また、加害者少年はAさんを利用して同性愛からお金を恐喝するように計画を持ち出し強要した。同性愛が利用するサウナに無理矢理行かせて、Aさんが猥褻な行為をされたらそれを口実に和解金を受け取るとるように共謀した。Aさんは猥褻行為をさせるために酒まで飲まされたのだ。

まだまだ犯行は続いた。加害者少年は「逃げても家族を皆殺しにしておまえのお母さんと妹を売春街に売るぞ」とAさんを集合住宅の地下の部屋に6日間も監禁した。加害者は「妹を強姦する」と脅迫し、昨年11月から今年の2月までAさんに強制的に4回も性行為を迫った。

これらの事件を見た韓国のネットユーザーは「刑が軽すぎる」「被害者は一生傷を抱えて行くのに」「善し悪しの分別も出来ないゴミが多すぎる」と反応を見せた。

説明するまでもなく、被害者も加害者も男である。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"パソコンが修理から戻って来るも緩衝材の代わりに使用されていたモノがとんでもねえ!
カラオケ店で歌う動画をYouTubeなどに投稿 公開禁止と裁判所が判決

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「高校生が「妹を強姦する」と脅し監禁した友人に性行為を強要 数十分の暴行や恐喝なども明るみになり大問題に」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    説明するまでもなく、…

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"パソコンが修理から戻って来るも緩衝材の代わりに使用されていたモノがとんでもねえ!
カラオケ店で歌う動画をYouTubeなどに投稿 公開禁止と裁判所が判決