イギリスの男性がスマホゲームを遊びながら歩いていたところ線路でこけて片足を切断



【簡単に説明すると】
・イギリスの男性がスマホゲームしながら歩いて線路に転倒
・電気の流れる線路に倒れ、腕や足などに3~4度の火傷を負い
・右足を切断することに

歩きスマホ

12月5日、イギリスに住んでいる男性がスマートフォンゲームを遊びながら歩いていたところ、夢中になりすぎ線路の上に転んでしまった。
男性は当時ゲームに夢中で周囲の状況を把握していなかったという。

男性は電気の流れる線路に倒れ、腕や足などに3~4度の火傷を負い、皮膚組織が損傷する大怪我を負った(※)。

結局、筋肉が破壊された右足は動かすことができず、膝の下部分が腐り始め、病院は最終的に足を切断するようにと告げた。

男性が夢中になっていたゲームは世界的にブームになった『ポケモンGO』。このゲームは開始時に「危険な地域には、立ち入らないでください」と警告が表示される。

病院側は「最近歩きながらスマートフォンゲームをして負傷した患者が増えている」とし「本当に注意してほしい」と呼びかけた。

※イギリスはサードレール方式

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"新三郷駅で東大医学部に対して激怒するおじさんが発見される SNSで「東大医学部おじさん」と大拡散
タクシーの助手席に認知症の妻を乗せて運転 支える夫にネットで「感動した」との声

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「イギリスの男性がスマホゲームを遊びながら歩いていたところ線路でこけて片足を切断」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    この事件の問題点
    ・歩きながらスマートフォンゲームをしていた
    ・送電線が人が触れられる位置に設置されていた
    ・線路に人が簡単に立ち入る事が出来た
    ・『ポケモンGO』なんかで未だに遊んでいる

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"新三郷駅で東大医学部に対して激怒するおじさんが発見される SNSで「東大医学部おじさん」と大拡散
タクシーの助手席に認知症の妻を乗せて運転 支える夫にネットで「感動した」との声