『HUGっと!プリキュア』最終回で主人公が出産したと話題に



【簡単に説明すると】
・『HUGっと!プリキュア』最終回が話題に
・主人公が出産
・今回のプリキュアは責めすぎ?

HUGっと!プリキュア

2019年1月27日に最終回が放送された『HUGっと!プリキュア(テレビ朝日系)』にて衝撃のラストが放送された。

赤ちゃんキャラであるはぐたんが未来に帰り、それから2030年まで時間が経過。主人公達は成長した姿に。

社長になった主人公キュアエール(野乃はな)が妊娠していたことが発覚。分娩室で出産するキュアエールの元に駆けつけた仲間のプリキュア。

生まれてきた子ははぐたん、そっくりで名前を「はぐみ」と付けた。

これに対してTwitterでは「プリキュアで、出産ってはじめてみた」、「出産シーンあってびびった」、「今回のプリキュア責めすぎ」と今回のプリキュアの最終回は大反響だったようだ。

2月3日からは『スター☆トゥインクルプリキュア』が新たに放送される。




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国メディア 低空飛行し大接近した合成写真を使い印象操作
アイドルグループ「嵐」が2020年12月31日をもって活動休止

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「『HUGっと!プリキュア』最終回で主人公が出産したと話題に」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    はぐたんが産まれた、という事はこの後の『HUGっと!プリキュア』の第零話になるわけか。…そうするとある意味クライアス社の目論見(破滅という結末に至る前の時間の流れの停止)はなかば成功した事になるって事か?そうなるとむしろはぐたん産まれない方が世界の流れ(過去→現在→未来)が正常化していたって事にならないかこれ!?

  2. 匿名 より:

    『責め』じゃなくて『攻め』では?

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国メディア 低空飛行し大接近した合成写真を使い印象操作
アイドルグループ「嵐」が2020年12月31日をもって活動休止