2020/02/26 18:57:32

0

エンタメ

もうすぐ日本でもカジノが? その前にオンラインカジノ比較サイトで復習だ

casino
日本でカジノ法案が施行され、日本でも本格的にカジノが楽しめるようになる日が近い。しかしどこ地域で開始されるのか、治安の問題はどうなるのかなど解決すべき問題はまだまだある。

その前に海外で有名なオンラインカジノが比較されているサイトがあったのでそちらを参考に紹介したい。

『CASiMARU』というウェブサイトで最新情報、お役立ち情報、お得なキャンペーン情報などが掲載されているだけでなく、数多くある海外のオンラインカジノをまとめ比較している便利サイトだ。

ヴェラジョンカジノ、カジ旅、LeoVegas、ライブなどのサイトが掲載されておりそれぞれ細かく評価されている。

ベラジョンカジノ

verajohn
ベラジョンカジノ(Vera&John)は、おそらくオンラインカジノで最も人気のあるカジノだ。カジノ業界で世界最高水準の信頼性をもつマルタ共和国の会社によって運営されている。世界で人気なことはもちろん、日本では最も人気なオンラインカジノ。当然日本語にも対応しておりサポートも充実。オンラインカジノプレーヤーなら、知らない人はいないほどだ。人気があることはカジノを選ぶ際のひとつの判断材料となるが、なぜ選ばれているかを理解するとさらに安心。

カジ旅

カジ旅
初めは「旅行関係?」と勘違いしそうですが、カジ旅は、オンラインカジノで遊びつつ、架空の世界で冒険もできる、斬新なオンラインカジノだ。RPG型オンラインカジノとして非常にゲーム性が高いことでも有名。世界にストーリー性があるのだ。更にゲームで集めたお金を本当に出金できちゃうという凄さ!

LeoVegas

leovegas
オンラインカジノに関心がある人であれば、どこかできっと見たことがあるこのキャッチーなロゴ。百獣の王を象徴するこのライオンマークは、モバイルデバイスが広まり始めた頃(2012年)に、「モバイルカジノの王様になる」という意味で、レオベガス(LeoVegas)のトレードマークに採用された。

Live Cassino House

live-casino-house
ライブカジノハウス(Live Cassino House)は、好みが分かれるとがった存在。名前や広告の通り、本場カジノのようにディーラーとドキドキ、ワクワクを楽しむライブカジノが特に充実しているオンラインカジノだ。逆にリアルなカジノが好きな人にはイチオシとも言える。

Casino-X

casino-x
Casino-X(カジノエックス)は、決済まわりの使いやすさを軸に、至るところが便利なオンラインカジノです。さらに、Casino-Xだけにしかない他プレーヤーのゲームを観戦できる機能やスポーツベッティングもあり、エンターテインメント性も非常に高い!

ここで紹介したオンラインカジノは全てオンラインカジノ運営許可書(ライセンス)を取得済みのカジノだ。ライセンス取得にあたり、第三者機関による厳正な審査をクリアしなければならないため、オンラインカジノの公平性や安全性は担保されている

カジノの安全性は大丈夫?

オススメの優良なオンラインカジノは非常にセキュリティのレベルが高く、安心してゲームをプレイできる環境が整っています。一方、適切な審査を受けていないカジノの場合、入金や出金の取引が安全性に配慮されていなかったり、処理不具合などが起こる場合があるので、カジノ選びは注意が必要だ。怪しいカジノを選ぶと入金したのに入金処理がされていなかったりサポートが疎かだったりと不安なことばかりだ。
ここに挙げているカジノは日本語サポートも充実しているのご安心を。

結局東京オリンピックまでにカジノは間に合うのか?

2016年(平成28年)12月15日の衆議院本会議で「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(IR推進法)が成立し、東京オリンピックに間に合うようにと各県が誘致に依存でいるがどうやらカジノ施設は間に合いなさそうだ。
それどころか問題までも出てきて法案がこのまま白紙になりそうな雰囲気もある。いつカジノリゾートでリアルなカジノを楽しめる日が来るのか。そもそも入場料を取るという噂まである。そんなに待てないと言う方は今回紹介したオンラインカジノを参考にしてみてほしい。
今回情報を引用したCASiMARUというサイトには更に詳しい情報が掲載しているので気になった方はそちらをご覧頂きたい。

オンラインカジノ(CASIMARU)

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"「中国の習近平を見ているようだ」 韓国の文在寅大統領の弾劾請願が42万突破
JT プルーム・テック・プラスよりマスカットフレーバーを4月2日より発売

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"「中国の習近平を見ているようだ」 韓国の文在寅大統領の弾劾請願が42万突破
JT プルーム・テック・プラスよりマスカットフレーバーを4月2日より発売