ソニーがワイヤレスで高音質を楽しめるノイズキャンセリング搭載のヘッドホン『MDR-1000X』を発売

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・ソニーのヘッドホン『MDR-1000X』が登場
・ノイズキャンセリング機能にハイレゾ相当の音源を楽しめる
・10月29日に発売

MDR-1000X
スポンサードリンク

ソニーがワイヤレスヘッドホン『MDR-1000X』を10月29日に発売する。『iPhone 7』『iPhone 7 Plus』の発売でイヤホンジャックが無くなりますます需要が高まったワイヤレスヘッドホン。ただワイヤレスというだけでなく高音質、そしてノイズキャンセリング機能も搭載したモデルとなっている。

・ハイレゾ機器なしでもハイレゾ音源が楽しめる?

このヘッドホンはMP3などの圧縮音源をアップスケーリングしサンプリング周波数とビットレートを最大96KHz/24bitまで拡張するDSEE HXをソニーのヘッドホンで初めて搭載。所有しているスマートフォンや音楽プレイヤーがハイレゾ音源に未対応でもハイレゾ相当の臨場感あふれる高音質を再現。更に従来のBluetoothの約3倍の情報量を対応機器から伝送できるLDACで、ワイヤレス時もハイレゾ音源をハイレゾ相当の高音質で楽しむことが出来る(※再生機器がLDACに対応している場合)。

・ノイズキャンセリング機能

この『MDR-1000X』には優秀なノイズキャンセリング機能が搭載されている。それは装着している人の髪型、メガネの有無など個人差を検出しユーザーごとに最適なノイズキャンセリング性能を発揮。
またノイズキャンセリングはヘッドホン下のボタンでオン、オフが可能なほか、話しかけられた際に急に対応できるようにクイックアテンションという機能も搭載。今までは話しかけられたら相手の話を聞くためにヘッドホンを外すか、音楽を止めていたが、クイックアテンション機能は耳元に手を持ってくるだけで周囲の音を取り込むことが出来る。
クイックアテンション

・タッチセンサーで音楽操作

またヘッドホン右側のをタッチ操作することにより音楽の停止/再生、音量の増減、音楽の戻し、送りなどが可能。これらの操作はスマートフォンとBluetooth接続しているときのみ可能。
タッチ操作

こちら『MDR-1000X』は10月29日発売でオープン価格となっている。店頭販売価格は3万9880円となる。色はブラックとグレーベージュの2種類。USB充電方式で、満充電で約22時間動作する(ノイズキャンセリング機能オフ時)。
こちら『MDR-1000X』を事前にお借りしたのでどのように動作するのか動画でご覧になってほしい。

※写真の製品は発売前にお借りした物で、製品版と細かい箇所が異なる場合が御座います。

コメントする

スポンサードリンク

MDR-1000X

MDR-1000X

MDR-1000X

MDR-1000X








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"日本外国特派員協会のピコ太郎の会見で外国メディアが「1億円払ってレコード大賞とりたいですか?」とぶっ込む
批判殺到の平昌オリンピックのPR動画にチェ・スンシルが介入していると疑惑浮上

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"日本外国特派員協会のピコ太郎の会見で外国メディアが「1億円払ってレコード大賞とりたいですか?」とぶっ込む
批判殺到の平昌オリンピックのPR動画にチェ・スンシルが介入していると疑惑浮上