2016/11/04 06:25:29

0

エンタメ

癌で右目を失った男性 3Dプリンターで見事に目を復元する

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・癌で右目を失った男性
・右目を復元するために3Dプリンターが使われる
・男性の右目は見事復元

右目を失った男性
スポンサードリンク

ブラジルのサンパウロ市に住む男性、カリート・コンセイソンが2008年に上顎骨(じょうがくこつ)に生じた癌のために顔の半分を彫る大手術を受けた。生命に支障は無かったが右目と鼻の一部が欠けてしまいそこには大きな穴が空いてしまった。

コンセイソンは「穴を遮ってくれる補助器具を使用してみたが、人々は私の顔に拒否感をしめした」と述べた。

そんな彼に希望がうまれたのだ。2月にスマートフォン関連の3Dプリンタを使用して低価格で失われた顔を再現することができるという知らせを聞いたのだ。
パウリスタ大学のロドリゴサラ博士は「過去には3Dモデルを実装するには多額の費用と時間が必要だった。しかし無料のアプリケーション(Autodesk 123D Catch)の開発により、安く簡単に補助器具を作ることができる」と述べた。

続いて「スマートフォンのそのアプリを利用して写真を撮るだけで自動的に3Dモデルがモデリングされる」と説明した。

顔を取り戻したコンセイソンは「顔のの半分が無くなったあと、私は憂鬱で無力の中で生きていた。しかし、今回の手術で8年間のコンプレックスから抜け出すことができた」と今回の顔の復元に満足なようだ。

コメントする

スポンサードリンク

3Dプリンターで復元

3Dプリンターで復元

3Dプリンターで復元

3Dプリンターで復元

ソース:http://topre.ru/2016/11/03/pervomu-cheloveku-v-mire-sdelali-lico-s-pomoschyu-3d-pechati.html








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ウミガメの上に乗りサーフィンポーズで記念撮影したバカな男2人 157万円の罰金刑
コスプレ美女が素顔を晒した途端に誹謗中傷の殺到

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"ウミガメの上に乗りサーフィンポーズで記念撮影したバカな男2人 157万円の罰金刑
コスプレ美女が素顔を晒した途端に誹謗中傷の殺到