『Pokemon Go』が『Apple Watch』に対応 これで捕獲も楽に可能に!

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・『Pokemon Go』がアップデート
・『Apple Watch』に対応
・『Pokemon Go Plus』より出来ることが多い

ポケモンGO
スポンサードリンク

『Pokemon Go』が12月23日にアップデートされ、ついに『Apple Watch』に対応した。

これにより『Pokemon Go Plus』を持っていない人も『Apple Watch』で『Pokemon Go』が出来るようになるぞ。

『Pokemon Go Plus』と異なり出来ることが多い。ポケストップへのアクセスはもちろん、近くにいるポケモンがシルエットで表示される機能もある。
一方『Pokemon Go Plus』は振動と点滅のみだった。

そのほか孵化した卵の確認、歩いた距離、消費カロリーなどが『Apple Watch』対応『Pokemon Go』で確認できる。

『Apple Watch』へのインストールは所有しているiOSデバイスからマイウォッチを開き、「POKEMON GO」が表示されている箇所をタップ、「AppをApple Watchで表示」の箇所をオンにすればインストールが開始されるぞ。

インストール直後は主人公のレベルが1になっているが5分くらいすると同期され、iPhone側のレベル、孵化最中の卵のデータが反映されるぞ。

コメントする

スポンサードリンク

ポケモンGO

ポケモンGO

ポケモンGO

ポケモンGO

ポケモンGO








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"生理が来た15歳の少女を汚れているという理由で村から隔離し死亡させる ネパールの禁止された習慣
ASKAの未発表楽曲を無断公開についてミヤネ屋で井上公造がコメント 「スタッフと決めて楽曲を公開した」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"生理が来た15歳の少女を汚れているという理由で村から隔離し死亡させる ネパールの禁止された習慣
ASKAの未発表楽曲を無断公開についてミヤネ屋で井上公造がコメント 「スタッフと決めて楽曲を公開した」