2017/01/22 19:51:54

1

エンタメ

太平洋に浮かぶ革命的な「人工都市」を計画 政府の法や税金に縛られないユートピア

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・太平洋に浮かぶ人工島を計画
・フランス領ポリネシアと覚書を締結
・Paypal創業者であるピーター・シールも後援

ポリネシアの人工島
スポンサードリンク

太平洋に誰の干渉も受けない画期的かつ革命的な都市を建設するというプロジェクトが現実味を帯びてきた。

米ABCニュースによるとシーステッディング研究所(Seasteading Institute)がフランス領のポリネシアと人工島建設のための了解覚書を締結したと16日に報道した。

まるで映画の世界のような夢の様な世界。似たようなプロジェクトでドバイがあるが、更に規模を大きくしたもの。このプロジェクトは2008年に開始され、シリコンバレーの億万長者が海の上に永久かつ革命的、そして政府の干渉も受けずに浮かぶ人工島を建設することだった。

法と税金から完全に独立した海上のユートピア建設プロジェクトは、メディアの大きな注目を集め、Paypal創業者であるピーター・シールが後援に乗り出したが、実現化の可能性についてはまだ疑問が絶えなかった。

このように世間の記憶から消えた人工島プロジェクトは、今回の覚書を締結し、本格的に進行した。特にシーステッディング研究所は人工島のイメージまで作成し追加で公開。

シーステッディング研究所のランドルフヘンケン理事は「人工島は、居住地、養殖漁業、医療施設、発言所など全てのものを備えた新たな環境自給自足都市」としながら「これまで私たちの夢を実現させてくれるパートナーを探していた」と明らかにした。また「2019年に建設を開始し、翌年250~300人の住人を、2050年には数百万人の人が生活できる都市になるだろう」と付け加えた。

ただこの人工島には不安要素もあり、津波の問題や下水問題などもある。特に標高が低いため直に津波を受けてしまう可能性もある。人工島の周りには防波堤の様な物で囲まれているが、それもどの程度の物か不明だ。

過去に何度も報道されてきたこの人工島だが、今回はポリネシアと覚書が締結されたということで情報がアップデートされた。

コメントする

スポンサードリンク

ポリネシアの人工島

ポリネシアの人工島

ポリネシアの人工島

ポリネシアの人工島

ポリネシアの人工島

ポリネシアの人工島

シーステッディング研究所
ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ローマのバチカンで毎週1回無料でマクドナルドのバーガーをホームレスに提供 反対派と賛成派で分かれる
広島の書店で女子高生を人質に立てこもり 現場の様子がTwitterに投稿

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「太平洋に浮かぶ革命的な「人工都市」を計画 政府の法や税金に縛られないユートピア」への1件のフィードバック

  1. 小池勇二 より:

    ドバイは…

匿名でコメントが可能です

"ローマのバチカンで毎週1回無料でマクドナルドのバーガーをホームレスに提供 反対派と賛成派で分かれる
広島の書店で女子高生を人質に立てこもり 現場の様子がTwitterに投稿