2017/04/21 13:07:57

0

エンタメ

中国の公衆トイレで週に1500ロールのトイレットペーパーが盗まれる その解決策が顔認証システム

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・中国のトイレ事情が問題に
・トイレットペーパーが週に1500ロール盗難に
・顔認証システムを導入


スポンサードリンク

中国国家観光局(CNTA)は3月31日、2015年から進めてきた「トイレ革命」にて今まで3万箇所の公衆トイレが新設され、1万5000箇所が改修を終えたと発表。当初目標の90%を達成したという。

衛生面では着実に成果が上がっているように見えるが、現実は厳しかった。

CNTAは「トイレは良くなったが、中国のトイレ事情は国際的レベルに達していない。障害となっているのはなんといってもエチケットやマナーアルよ」と打ち明けた。

先月、ユネスコ世界文化遺産にも登録された「北京天壇公園」。そこには7つのトイレが設置され、無料のトイレットペーパーが日々盗難にあっているという。この様子を撮影した写真はSNSに拡散。

CNTA当局はこれを解決するために入口に顔認証システムを設置し、顔をスキャンした人だけが60センチのトイレットペーパーが配布されるという。なお同じ人でも9分過ぎないと再度財布されない仕組み。

また、四川省成都市では、今月初めに「トイレ革命キャンペーン」を実施し、市内の観光名所への無料トイレットペーパーと石鹸を設置した。
その結果、市民が使うはずの「人民公園」では1週間に1500ロールのトイレットペーパーがまるごと消え脱力したという。

公園関係者は「2~3ヶ月経ってもこの状態が続く場合は、個室ではなく入口でトイレットペーパーを配布するしかありません。盗難を放置するとトイレットペーパーのみ年間150万円以上の費用がかかります」と怒りを露わにした。

ちなみに中国でトイレットペーパーのことを「手紙」と書く。その意味とは……。

コメントする

スポンサードリンク

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"志村けん 自分のInstagramに局部の画像を投稿し騒然! 誤爆か?(追記)
【動画】猫が錯覚画像を見た反応が可愛すぎる! 動いてると錯覚して猫パンチ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"志村けん 自分のInstagramに局部の画像を投稿し騒然! 誤爆か?(追記)
【動画】猫が錯覚画像を見た反応が可愛すぎる! 動いてると錯覚して猫パンチ