任天堂のゲーム動画をYouTubeに投稿するとあり得ない妨害を受けることが判明 放置すると収入を持って行かれる

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・任天堂のゲーム動画をYouTubeに公開で妨害?
・無関係の会社から著作権侵害の申し立て
・異議申し立てしないと広告収入を持って行かれる

被害に遭った人
スポンサードリンク

任天堂のゲーム動画をYouTubeに公開すると、あり得ない妨害を受けることが判明した。

任天堂のゲーム動画は「ニンテンドークリエイターズプログラム」により広告収入を任天堂と動画制作者でシェア出来るという有り難いサービス。YouTubeから得られた広告収入の一部を任天堂側に支払う形となる。

しかし、ニンテンドークリエイターズプログラムに登録しておきながらも対象のゲームをアップしたとある人が、とんでもない妨害を受けたというのだ。
なんと任天堂以外の無関係の会社から著作権侵害の申し立てが来たと言う。任天堂が許可しているゲームなので、そのような無関係な会社が申し立てするわけない。

その方は任天堂に確認を取ったところ「その会社はうちとは無関係だけど、YouTubeの仕様上なにもできないので異議申し立てしてください」と回答。
そりゃ任天堂からすれば何も出来ることは無いのは当然。

つまり権利なんて持っていない会社が著作権侵害として、任天堂のゲーム動画に対して申し立てをしてきたというのだ。
この場合、ユーザーが任天堂に確認したために権利が無いことが判明したが良かったが、中には良く分からずに異議を出さずに放置するケースもある。
そうなると、その動画の広告収入はその異議申し立てした無関係の会社に持って行かれる。

いわゆるハイエナのような嘘の著作権申し立てを何件を行い、広告収入を得ている団体がいるようだ。
既に被害に遭った方、現在そのような団体から申し立てを受けている人は今一度確認してほしい。

コメントする

スポンサードリンク

被害に遭った人

被害に遭った人








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"イルカの死骸を持って記念写真 SNSに投稿し非難を浴びる
裸の大事な部分をテープで隠した女性がクラブに登場し話題に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「任天堂のゲーム動画をYouTubeに投稿するとあり得ない妨害を受けることが判明 放置すると収入を持って行かれる」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    そういう妨害をするのは一社しか思い当たらないな、ソニーがゴキブリを使って相変わらずくだらないことやってるのか

匿名でコメントが可能です

"イルカの死骸を持って記念写真 SNSに投稿し非難を浴びる
裸の大事な部分をテープで隠した女性がクラブに登場し話題に