2017/06/13 13:57:43

0

エンタメ

動物愛護団体が「チンパンジーに人間と同じ権利を与えろ!」と訴訟 結果は……

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・チンパンジーに人間と同じ権利を与えろと訴訟
・動物愛護団体による訴訟だった
・結果は敗訴

チンパンジーに人間の人権を
スポンサードリンク

アメリカニューヨークで少し変わった裁判が行われ、話題となっていた。

チンパンジーのトミーとキコの法律代理人がチンパンジーにも人間と同等の権利を要求すると提訴したのだ。

しかし、裁判所は「チンパンジーは法律上の義務を負わず、自らの行動に責任を問うことが不可能である。このため、チンパンジーに人間と同じ権利を与えるのは難しい」と判決を言い渡した。

裁判の結果、原告の2匹のチンパンジーは完全に敗訴したのだ。当然の話だが、チンパンジーが直説弁護士を選任したわけではない。

アメリカの動物愛護団体がトミーとキコの名前で出した代理訴訟だったのだ。この団体はチンパンジーと人間の共通性を訴えていた。

チンパンジーも「人身保護令状」を請求する権利があると裁判所に令状請求を要求。「人身保護令状」は不当に拘束されている人間を自由にするための制度だが、チンパンジーも不当に拘束されている場合は自由にしてほしいというのが、動物愛護団体の主張。

これまでにも動物愛護団体の訴えは多かった。しかし今回のようにチンパンジーにも人間と同じ権利があるという主張は非常に異例だという。

動物愛護団体は「チンパンジーはモノではなく、法律上では人間と同等の存在」と主張に基づき、今回の訴訟のほか、様々な訴訟を起こしてきたがいずれも棄却された。

現在、動物愛護団体とワイズ弁護士は今回の訴訟を上告するかどうかを検討中だという。

関連:【動画】チンパンジーがカエルを使い自慰行為することが発覚し衝撃

コメントする

スポンサードリンク

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ソウルの大学でテロ 研究室で爆発し教授が負傷
マンションの外壁塗装作業員に対し住人が「うるさい!」と命綱を切断し落下死させる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"ソウルの大学でテロ 研究室で爆発し教授が負傷
マンションの外壁塗装作業員に対し住人が「うるさい!」と命綱を切断し落下死させる