北朝鮮でWi-Fiが入るスポットが大人気 まともに市民がネットできる場所

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・北朝鮮でWi-Fiが入る場所が話題に
・市民がまともにネットが出来るスポット
・無断で使うと処罰を受ける?

北朝鮮 Wi-Fiスポット
スポンサードリンク

北朝鮮ではインターネットと指すと、国内のみに限られたネットワークのことを指す。つまりイントラネット状態で、一般市民が国外のサイトにアクセスすることは出来ない。
もちろん金正恩や特別な幹部、許可された者は普通にインターネットが使用できる。

しかし、そんな北朝鮮でWi-Fiが入り、まともにインターネットが出来る場所として注目を集めている場所がある。

平壌大同江区域の北繍洞(プクスドン)と言う場所。そこにはドイツや英国の大使館などがあり、公館の西側周辺にてWi-Fi電波が入るという。Wi-Fiが入るのは公館から半径約20メートル程とされている。

そのほかにもう1箇所、平壌科学技術大学がWi-Fiが使用可能だ。そこには外国の教授が集まっており、センターでのみWi-Fiが使用可能。

しかしこれらのWi-Fiが北朝鮮の住民に知られ、建物から出てるWi-Fi電波に接続しネットサーフィンした者もいたという。

大使館が集中している平壌大同江区域は無線回線でのインターネットが使用可能だという理由で、住宅価値まであがった。

Wi-Fiにパスワードが掛かっているのかどうかは不明であるが、仮に掛かっていたとしたら関係者が漏らした可能性もある。

また無断で使ったことがバレたら処罰を受ける可能性もありそうだ。

コメントする

スポンサードリンク

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【悲報】韓国の慰安婦像 勝手に駐輪場として活用される
コンビニで万引き? 石原真理子「報道は捏造! パンを買おうか弁当を買おうか迷ってただけ 店を告訴する」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"【悲報】韓国の慰安婦像 勝手に駐輪場として活用される
コンビニで万引き? 石原真理子「報道は捏造! パンを買おうか弁当を買おうか迷ってただけ 店を告訴する」