“iOS 11”がリリース! iPhone単体で画面動画キャプチャが可能に iPadでは大幅な変更点が見られる

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・iOS11がリリース
・数々の変更点を紹介
・22日にはiPhone 8がリリース

iOS11
スポンサードリンク

9月20日の2時頃に“iOS 11”がリリースされた。6月に発表され、βがリリースされ既に使っている人もいるだろうが、正式リリースとなり誰でも使えるようになった。

“iOS 11”は64bitデバイスのみの対応となっておりiPhone 5s以降にインストールすることが可能。iPhone 5やiPhone 5cはサポート外となる。

・刷新されたコントロールセンター

コントロールセンターが刷新された。使いやすくなったかは別として、機内モード、Wi-Fi、Bluetoothなどお馴染みの物が集約されている。中には見慣れない車のアイコンがありこれは「ドライブモード」で運転中などに使うもの。

コントロールセンター

・ファイルブラウズ

また今までのiOSでは出来なかったファイルブラウズ機能「ファイル」が搭載された。どこでも奥の方まで……とは行かないが、写真やドキュメントなど必要なファイルにアクセスすることができる。

・QRコード読み込みに対応

今までQRコード読み込むにはアプリをダウンロードしなくてはいけなかったが、“iOS 11”では純正のカメラでQRコードリーダーとして使えるようになった。
「設定」-「カメラ」-「QRコードをスキャン」をオンにすることにより読み込むことが可能。

QRコード

・スクリーンショット機能の強化

スクリーンショット機能が強化された。スクリーンショット機能を撮影すると左下にサムネイルが表示され、タップすることにより拡大表示されテキストや線を書き込むことができる。
スクリーンショットの保存はそのまま放置するか、サムネイルを選択して保存をすればいい。

・キーボードの細かな変更

純正キーボードにも変更が加えられ、大きなキーボードのほかに右寄せ、左寄せ機能が加わった。これは片手操作に配慮した機能。ATOK for iOSが搭載していた機能だが、似たような機能を搭載。このキーボードのサイズ変更はGoogleなども採用している。

キーボード

・パソコン無しで画面の動画撮影可能に

今までゲーム画面などのキャプチャはWi-Fiで接続してパソコンにiPhoneの画面を表示させそれを取り込んでいた。しかしiPhone単体でキャプチャが可能となった。
デフォルトではコントールセンターにキャプチャのアイコンが無いので次の手順で追加しよう。
「設定」-「コントロールセンター」-「コントロールをカスタマイズ」-下の方にある「画面収録」を選び追加。
この「コントロールをカスタマイズ」にてコントロールセンターのアイコンをある程度カスタマイズが可能になった。

画面収録

・ストアの見た目が刷新

AppStoreのレイアウトが刷新され、「Today」「ゲーム」「App」などのメニューに変更された。

・iPadでは最大の進化

“iOS 11”はiPadのためのアップデートと言ってもいい。見た目が変わっただけでなく、画面下にドック、ドラッグ&ドロップによる画像の挿入、そしてマルチタスキングなどが可能。
またiPadのキーボードは「QuickType」と呼ばれる機能が追加されており、キーボードの種類を変更することなく英字から数字を入力することが可能。

『iPhone 8』、『iPhone 8 Plus』の発売が22日に控え“iOS 11”のアップデートとなった。


コメントする

スポンサードリンク








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】「この橋渡るな」の注意書きを無視して強引に渡った中国人観光客 吊り橋が崩れ落下寸前
アマゾンで買ったスリッパの裏にハーケンクロイツが! 消費者が激怒しクレーム → 勘違いだった

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"【動画】「この橋渡るな」の注意書きを無視して強引に渡った中国人観光客 吊り橋が崩れ落下寸前
アマゾンで買ったスリッパの裏にハーケンクロイツが! 消費者が激怒しクレーム → 勘違いだった