2017/10/28 18:26:52

0

エンタメ

ハロウィン用の恐怖のマスクが怖すぎるという理由で消費者が販売禁止を訴える 制作者「よし流通拡大するわ」

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・全世界でハロウィンが盛り上がる
・そんな中、カナダでストーカーマスクが販売禁止に追い込まれる
・制作者は更に流通を拡大するという

Peeping Tom(覗き見トム)
スポンサードリンク

全世界がハロウィンで盛り上がっている中、カナダでとあるマスクが販売禁止となった。

それはフードを被った男が覗き見しているようなマスク。顔はもちろん、顔にあてている両手も作り物で、覗き見しているかのように見えるこの少し不気味なマスク

商品名は『Peeping Tom(覗き見トム)』で20ポンド約3000円で実際に販売されていた。

使い方は至って簡単で、窓の外に置いておき、常に誰かが覗き見しているという恐ろしさを自ら煽るか、誰かの家に仕掛けてドッキリに使うなど様々。

しかしこのマスクを販売禁止にしてほしいという人が現れた。ストーカー被害で苦しみPTSDを悪化する可能性があるという。また高齢者の場合は散歩していたり、運転中にマスクを見て危険な目にあう可能性もあるという。

しかしマスク制作者は「多くの人々は私達のマスクを探してくれている。もっと入手しやすいように流通を拡大したいね」と更に販売を拡大するという。

このマスクそのものは新しい物では無く何年も前から売られていた。しかしここ最近なり販売中止を求める声が出始めたという。

スポンサードリンク

Peeping Tom(覗き見トム)

Peeping Tom(覗き見トム)








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"イタリアの小麦畑に突如として登場した金正恩の肖像画が話題に
日本シリーズでAIと投球予想バトルが出来るぞ! 300万球を超えるデータを学習したAIに勝てるか?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"イタリアの小麦畑に突如として登場した金正恩の肖像画が話題に
日本シリーズでAIと投球予想バトルが出来るぞ! 300万球を超えるデータを学習したAIに勝てるか?