2018/01/06 08:58:54

3

エンタメ

ATARIの社長がクソゲーのカセット800万個を砂漠に埋めたと噂が広まる 実際に調べた結果

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・ATARIの社長がクソゲーを生み出す
・アタリショックの原因『ET』を砂漠に埋めたと噂される
・実際に調べた結果……

ET

スポンサードリンク


アタリ(ATARI)と言えば世界で初めて家庭用ゲーム機をリリースしたゲーム会社。1977年にリリースされたATARI2600は199ドルという値段ながらも大ヒットを飛ばし、ブロック崩しや、スペースインベンダーの偽物、アクションゲームなど相次いでヒット。

1980年になるとアタリ社ノーラン・ブッシュネル社長は更なるヒット作が必要だと思い、当時最高の興行収入だったスティーブン・スピルバーグ監督の映画『E.T.』を2200万ドル(24億円)で著作権を買い取った。

この情報を知ったゲームファンは「E.T.がゲームになる」と大喜び。しかし当時発売された『E.T.』はとんでもない物だった。
ゲームの開発は最低でも半年はかかるのだが、クリスマスまで5週間しか残されていなかった。それにも関わらず、ノーラン・ブッシュネル社長はクリスマスにあわせて発売しろと命令。そして出来上がったゲームが不具合多発のとんでもないクソゲーだった。

これを購入した消費者は払い戻しを要求し、結果アタリ社には数百万の在庫が残っているという。これ以降、消費者はアタリ社に対して不買運動まで起こし、アタリ社製品のゲームは誰も買わなくなった。これが良く聞く「アタリショック」である。
この「アタリショック」はアタリ社だけでなく全米の家庭用ゲーム市場までも揺るがす大事件となった。

その後、ノーラン・ブッシュネル社長は在庫となったゲームカセットを葬るためにアラモ付近の砂漠に埋めたという噂が都市伝説の様に広まった。800万個の在庫をどうやって埋めたのか?

この噂を確かめるために『X-Men』や『アベンジャーズ』の台本を書いた人物が、好奇心を寄せ、マイクロソフト社の助けによりゲームカセット捜索が始まった。その結果トラック14台分の『ET』のゲームパックが実際に見つかったのだ。

都市伝説かのように言われていた砂漠へゲーム800万本を捨てたという噂は32年ぶりに事実だったと証明された。これらのゲームはオークションを通じて数千万円で取引された。

コメントする

スポンサードリンク


ET

砂漠で発見

ET

オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう









ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"高収入なドバイの遠征乞食が問題に! 月800万円稼ぐ乞食は昼物乞いし夜は五つ星ホテルに滞在
浅草の浅草寺にソフトバンクのCMで話題の犬が居ると話題に!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ATARIの社長がクソゲーのカセット800万個を砂漠に埋めたと噂が広まる 実際に調べた結果」への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    いつの話だよ

  2. 匿名 より:

    今更な記事

  3. 匿名 より:

    78年にアタリを退社しているブッシュネルが、80年台のアタリ製品に関われたの?

匿名でコメントが可能です

"高収入なドバイの遠征乞食が問題に! 月800万円稼ぐ乞食は昼物乞いし夜は五つ星ホテルに滞在
浅草の浅草寺にソフトバンクのCMで話題の犬が居ると話題に!