ネタで作った仮想通貨「柴犬コイン」が時価総額2240億円突破!

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・ネタで作った仮想通貨「柴犬コイン」が人気
・時価総額が2240億円突破
・元画像は日本の柴犬

ドージコイン(Dogecoin)

インターネット上で有名なパロディ写真を流用して作られた仮想通貨「ドージコイン(Dogecoin)」が週末に急騰し、時価総額が20億ドル(約2240億円)を超えたと7日に米ビジネスインサイダーが報じた。

ドージコインはクリスマスに10億ドル(約1120億円)を突破し、先日7日には20億ドル(約2240億円)を突破。12月はじめには0.002ドルで、現在は0.018ドル。なんと800%も上昇し、今後も高騰しそうな雰囲気。

ドージコインは2013年12月にプログラマーのビリー・マーカス氏がビットコインのパロディとして公開した仮想通貨。ビットコインやライトコインの発行数量に上限があるが、ドージコインには上限が無いのが特徴。上限がないのにマイニング速度が非常に速い。

ドージコインは日本の取引所では購入することが出来ず、「bittrex」「CoinExchange」など海外の取引所で購入出来る。

ドージコインに使われている画像は日本の柴犬「かぼすちゃん」がモデルとなっており、それをコインにしたもの。なお、DogeとはDogのスラング。日本で言う「ぬこ」みたいなもの。

コメントする


かぼすちゃん







ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"仮想通貨取引所『Zaif』の不正出金被害が続出 警察も連絡が取れない状態
10年間足を洗っていない男性がドクターフィッシュに足を突っ込む→魚が突然全滅死 店主が損害賠償

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"仮想通貨取引所『Zaif』の不正出金被害が続出 警察も連絡が取れない状態
10年間足を洗っていない男性がドクターフィッシュに足を突っ込む→魚が突然全滅死 店主が損害賠償