【動画】ラスベガスの博覧会にポールダンスを踊るロボットが出展され話題に

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・ラスベガスにポールダンスロボットが出展
・顔は何故か監視カメラ
・セクシーにクネクネ踊る

ポールダンスロボット

ラスベガスの国際電子製品博物会にストリッパーがポールダンスを踊るロボットが公開され話題になっている。

ストリッパーロボットは音楽に合わせて上手にポールダンスを踊り、顔はどこかで見た形状。そう少し古いタイプの監視カメラを流用したもの。残りの部分はマネキンと自動車の部品により作られている。少し異質であるが、胸やお尻、腰などは人間に似ている。

このロボットは、ジャイルズ・ウォーカー(Giles Walker)というアーティストの作品で、7年前にポールダンスロボットのアイデアを思いつき発表。彼は「監視カメラは安全目的のため、イギリス人を監視するために使用している」と述べた。

一部では、このようなロボットが性産業への影響を与えたと心配を示している。しかし、ウォーカーは「私は性行為を目的としてこのロボットを作ったわけじゃ無い」と語った。

現在このロボットはラスベガスの中心地から数ブロック離れたサファイア ジェントルマン クラブ(Sapphire Gentlemans Club)にて展示中。

コメントする

顔は監視カメラ

カラダはマネキン







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"DMMが仮想通貨取引所『DMM Bitcoin』をオープン 手数料がほぼ無料
金井宇宙飛行士「宇宙に行くと身長が9cm伸びた」と報告 ロシア人「そんな伸びるはず無い」→金井「2cmでした…」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"DMMが仮想通貨取引所『DMM Bitcoin』をオープン 手数料がほぼ無料
金井宇宙飛行士「宇宙に行くと身長が9cm伸びた」と報告 ロシア人「そんな伸びるはず無い」→金井「2cmでした…」