2018/01/31 19:42:08

0

動画

SBIホールディングス北尾社長 「コインチェックはカス中のカス」と猛烈批判

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・SBIホールディングスの社長がコインチェックを批判
・システムが何も出来ていない
・客を集めることだけに金をかけてカス中のカスだ!

北尾吉孝社長

SBIホールディングスの北尾吉孝社長が、「2018年3月期第3四半期SBIホールディングス(株)決算説明会」にてコインチェックを批判する場面があった。

580億円の初歩的なミスを指摘し「ホットウォレットで外部に接続し管理していた」と語った。このホットウォレットとは常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのことを指す。メリットとしては外部からの指示でいつでも手軽に仮想通貨を引き出せるが、デメリットとして外部からの攻撃によって侵入されてしまう。
今回このホットウォレットが問題だったのではとしている。

逆にネットワークから隔離された環境に秘密鍵を作り保存することをコールドウォレットという。メリットは安全性で、デメリットは送金が不便ということだ。

またNEM財団から推奨されていたマルチシグ(マルチシグネチャ)を導入していなかったことに対しても批判。

「まー極めて初歩的な問題全部やってない、ようやく『数10億円返します』ってあの会社が返せるとは思えない。返せるとしたらあのビジネスがそれだけ儲かっていたということ。作って何年になるんですか? そしてそんなに儲かってたんですか? 税金払ってるんですか、そんな多額の税金払ってるの聞いたことない。これはシステムだけでじゃなく財務においてもチェックしなくてはいけない、税務署も動く」とコインチェック社を猛烈に批判。

そして北尾社長は「最も腹が立つのは、こういうシステムで最もお金をかけなくて行けないところにお金をかけずに客を集めることだけに金を使ってた。こういう輩はカス中のカス」とカス呼ばわり。







ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"LINEが仮想通貨事業に参入 金融サービスのための新会社設立
『緊急!公開大捜索'18春』で英語を忘れた外国人 嘘の記憶喪失設定か?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"LINEが仮想通貨事業に参入 金融サービスのための新会社設立
『緊急!公開大捜索'18春』で英語を忘れた外国人 嘘の記憶喪失設定か?