2018/04/13 19:09:40

2

エンタメ

イギリスのBBC司会者が日本の幼いリアルドールを見て涙 「ドールを容認すべきか禁止すべきか」

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・BBCの番組が日本のリアルドールを紹介
・見た目が幼く性人形として使われていることに衝撃を受け涙
・ヨーロッパでは売春宿も運営されている

Sex Robots And Us

イギリスの放送局が日本のリアルドールを見て衝撃のあまりに涙した場面が話題になっている。

イギリスの放送局BBCのドキュメンタリー「セックスロボットと私達(Sex Robots And Us)」という番組で、司会者であるジェームズ・ヤング(27)が世界各地のドールの制作者と消費者に会って性産業の現状を紹介した。

司会者のヤングは6年前の列車事故で左腕と左足を失い、義肢を装着している障害者男性。ゲーム会社から精密なロボットアームを無償で提供してもらい、ロボット産業に興味を持つようになった。

ドキュメンタリー制作のために、来日したヤングは東京郊外にあるドール工場を訪問。工場長は見た目が非常に幼い少女のような人形を1つ指して「このドールが何歳かは消費者の想像にかかっている。(見た目が若すぎるということに対して)もちろんおっしゃる意味は分かりますがもしかしたら子どもに近いサイズ……捉え方は人それぞれでしょうからこれは日本国内でしか販売しないのです」とコメント。

性産業は極めてリアルな製作技法で成長している。しかしヤングは性産業の暗い裏面に直面、そして目撃して涙を流してしまい工場の外で涙を拭いた。彼は「私たちが自らのために作っていく未来がこのような姿とはとても悲観的だ」と話した。

ほかにもヤングはスペインのバルセロナにある性人形の開発者と話をして、売春宿でドールを提供する人と会った。既にヨーロッパ各地ではこのようなドールを利用した売春宿が多く運営されている。

ヤングは「私達は自分自身に『私達の生活の中で性ロボットを受け入れなければならないだろうか。それをも禁止しなければいけないのか?』と真剣に考えなければいけない」と語った。

涙する司会者

ソース

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】アメリカ人男性 家に押し入ってきた強盗をパンチ1発で撃退 黒人なため疑われないようにライブ配信!
懲役24年罰金180億ウォンの判決を受けた朴槿恵 控訴できず

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「イギリスのBBC司会者が日本の幼いリアルドールを見て涙 「ドールを容認すべきか禁止すべきか」」への2件のフィードバック

  1. down より:

    日本人の男最低ですね。こういうリアルドールはまさに闇。悲しくなるね。個人的に日本でも販売してほしくないな…

  2. バカは死ななきゃ治らないとしたら悲しい より:

    どこが問題なのか(笑)
    アホか・・・
    日本よりも犯罪率の高い国の人間がよく言うわ・・・
    小児性愛者の自宅でダッチワイフを押収したなんで話は聞いた事が無い。
    人形遊びしてる年齢の子供だって、人形の首を折ったり腕をもぎ取ったりペンで刺したりしても、本物の人間ではやらないぞ。
    こんな些細なくだらん事で「問題だ!」「闇だ!」と言ってるような思考の幼い人間には、早く大人になってもらいたい。
    性=犯罪だと思ってる時点で痛すぎる。

    人を殴ったら犯罪だし悪事だが、ボクシングの試合で人を殴っても合法だし悪事でもない。

    これを問題視するおバカさんは、ボクシング等の格闘技も「犯罪を助長する闇だ!」として平等に批判しなさいよ。
    性が無ければ人間は滅びる。食欲・性欲・睡眠欲。
    食べ逃げは犯罪だが、ルールを守って食べればOK。他人の家へ侵入して睡眠すれば犯罪だが、自分の家で寝ればOK。

匿名でコメントが可能です

"【動画】アメリカ人男性 家に押し入ってきた強盗をパンチ1発で撃退 黒人なため疑われないようにライブ配信!
懲役24年罰金180億ウォンの判決を受けた朴槿恵 控訴できず