2018/06/14 14:39:27

0

動画

変死した紀州のドン・ファンこと野崎幸助の愛犬イブちゃんから覚醒剤反応が出る!

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・ドン・ファンの野崎氏の愛犬から覚醒剤反応
・火葬と土葬で揉める
・家政婦は音信不通になる

紀州のドン・ファン

スポンサードリンク


紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏が5月24日に亡くなり、遺体からは大量の覚醒剤が見つかった。亡くなった野崎氏は死亡時に裸で、また体からは注射跡などは見つからず、口から覚醒剤を飲み込んだとみられる。死亡時刻は午後9時頃で、10時半頃に妻が発見。救急隊が10時50分頃に到着し、死因は急性覚醒剤中毒となる。

自殺とも思われたが、周りの証言から「自殺はあり得ない」「覚醒剤は嫌っていた」としており矛盾点も多々見られる。
また5月6日には愛犬のイブちゃんが急死。死ぬ際にはもがき苦しんだという。18歳の老犬だったため、老衰かとも思われたが、あまりの突然の死だったという。

犬のイブちゃんは火葬されずに土葬されていた。そんな土葬されていたイブちゃんを掘り起こされ、既に検視(検屍)作業が行われた。あの掘り起こし作業から1週間、愛犬のイブちゃんから覚醒剤の成分とみられる反応が出たと一部で報道されている。

これにより愛犬イブちゃんは第三者に殺害されたものと断定でき、同様の方法で野崎氏も殺害されたと思われる。

5月6日に突然死んだ愛犬のイブちゃんの埋葬方法を巡って野崎氏と妻のSさんとで意見が分かれ揉めたという。野崎氏は土葬と主張し、一方妻のSさんは火葬してほしいと2人の意見は分かれた。そればかりか野崎氏はエルメスの化粧箱に入れ腐敗の進行を遅らせまた冷凍保存までしようとしていた。冷凍保存は無理だったがエルメスの化粧箱にイブちゃんの死骸を入れ土葬することにした。

仮に火葬していたら、検屍により覚醒剤反応を見つけることは無理だっただろう。

また現在家政婦とは音信不通になりここ数日連絡を取ることができないという。

続報:変死した紀州のドン・ファンこと野崎幸助の愛犬イブちゃんから覚醒剤反応無し!
関連:紀州のドン・ファンこと野崎の変死 今度は愛犬イブちゃんを掘り起こし調査

コメントする

スポンサードリンク








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"日本の田舎が舞台の『NOSTALGIC TRAIN』がリリース! 購入出来ない不具合発生!?
朴槿恵前大統領に懲役12年求刑 情報機関から裏金収賄などの容疑

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"日本の田舎が舞台の『NOSTALGIC TRAIN』がリリース! 購入出来ない不具合発生!?
朴槿恵前大統領に懲役12年求刑 情報機関から裏金収賄などの容疑