宮本茂「タレントスタジオって言うゲームで久夛良木さんを勝手に作って遊んでた」

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・宮本茂「タレントスタジオって言うゲームで久夛良木さんを勝手に作って遊んだ」
・ソニーの広報に聞けって言われて断念
・マインクラフトにも嫉妬

宮本茂

スポンサードリンク


8月22日にパシフィコ横浜にて『CEDEC2018』が開催された。1日目の9時45分からはマリオの生みの親である宮本茂氏が「どこから作ればいいんだろう?から10年」と題した基調講演を行った。

その中で1999年にリリースした64DDの『マリオアーティストシリーズ』の中の『タレントスタジオ』について言及があった。この『タレントスタジオ』というのは今で言うMiiのような物で顔のパーツなどを作ってアバターを作るという作品。

宮本氏は「E3タレントを作ってマスコミや知人に見せて楽しんでた。久夛良木さんとかね、ビル・ゲイツさんとかね。久夛良木さんに『使って良いですか?』って問い合わせたら『ソニーの広報に問い合わせてください』って言われたので諦めました(笑)」とこのようにライバルであるソニーの久夛良木氏を勝手にアバターにして遊んでいたという。

またMinecraftが世に出てきて大ヒットしたことについて「本当に悔しい、実はこれ日本製じゃないんです」としており「YouTubeみたらコンビニを作る動画が凄い。本来の遊びではないかもしれないけどシステムを理解している」とMinecraftの登場に感服していたようだ。

関連:CEDEC2018宮本茂の基調講演 「MMORPGを絶対に作りたくない」
関連:CEDEC宮本茂の基調講演で「iPhoneが出たときにDSの方が先なんだよと思った」と悔しがる

コメントする

スポンサードリンク








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"CEDEC宮本茂の基調講演で「iPhoneが出たときにDSの方が先なんだよと思った」と悔しがる
イタリアの国宝級の遺跡の噴水で全裸になり体を洗う観光客 警察が公開指名手配

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"CEDEC宮本茂の基調講演で「iPhoneが出たときにDSの方が先なんだよと思った」と悔しがる
イタリアの国宝級の遺跡の噴水で全裸になり体を洗う観光客 警察が公開指名手配