2018/10/02 18:20:00

0

政治・経済・社会

中国の『天宮1号』に続いて『天宮2号』まで地球に墜落の危機

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・中国の『天宮1号』に続き、『天宮2号』まで墜落の危機
・中国「制御できてるから安心して」
・ネットユーザー「信じられない」

天宮2号

中国の実験用宇宙ステーションが9ヶ月後に地球に墜落すると報じられた。

中国のCMSEOの26日の発表で、「中国の第二宇宙ステーション、天宮2号が2019年7月中に地球の大気に突入する」と明らかにした。

前回の天宮1号とは異なり、今回は制御可能な状態で安全な場所に墜落させるという。これに対して中国のネットユーザーは「これが本当なら良いけど」、「信じられない」、「途中で制御不能になりそう」と中国側の発表を信用しきっていないようだ。

中国初の宇宙ステーション、天宮1号は2011年9月に打ち上げられ5年も経たない2016年3月に突然制御不能となった。そして今年の4月に南太平洋に墜落。

天宮2号は2016年に発射され2年間地球の軌道を回り任務を遂行。発射初年度は宇宙飛行士2人が宇宙ステーションで1か月滞在し生物学に関する実験を行っていた。

今回の発表でCMSEOの担当者は「天宮2号は、2年間の任務を果たした。現在天宮2号のすべてのデバイスは良好な状態」と説明した。

来年の7月にどこに墜落するのは現時点では不明となっている。

また中国は2022年までに天宮3号を発射させるという目標を掲げている。

関連:中国の制御不能な宇宙ステーション『天宮1号』続報 4月1日前後に墜落するとの見方 人に当たる確率は1兆分の1
関連:中国の宇宙ステーション『天宮1号』が制御不能に 早ければ30日に地球に落下の危機 東京にも落下の可能性

コメントする







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"TBSが「いらすとや」を使ったバーチャルキャスターを開始!
水木一郎「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のコログの実を900個も集める

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"TBSが「いらすとや」を使ったバーチャルキャスターを開始!
水木一郎「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のコログの実を900個も集める