カナダの会社がテキサスで性ロボット風俗を開始

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・カナダの会社がテキサスに性ロボットの風俗をオープン
・市民団体が猛反対
・業者は今後も店舗を増やす予定

性ロボット

スポンサードリンク


カナダのキンキーズドール(Kinkys Dolls)という会社がアメリカのテキサス州ヒューストンに性ロボットを利用した売春業を10月にオープンする。

店の中にはロボットが陳列されており、店を訪れた客が好みのロボットを選んでその後は部屋へ移動。お客はその部屋でロボットと楽しむというシステムだ。客はロボットレンタル料として30分60ドルを支払う。

キンキーズドールは昨年カナダのトロントに1号店をオープンしており、今回ヒューストンに2号店をオープン。メーカー側はアメリカ国内の各州を検討したが最も緩いテキサスのヒューストンにしたという。

業者のホームページに行ってみると、実際の人と同じような形のロボットが販売されており、価格帯は2500ドル(約28万円)で6千500ドル(約74万円)となっている。ロボットの大きさと特徴も紹介されている。

この業者の登場に対して市民団体の女性は「子供たちに悪い影響を与えるだけでなく、人々に歪んだ性癖を植え付けてしまう。女性や子供を性的対象になってしまう」と語った。

この業者追放のために市民団体の女性はインターネットで請願運動を行い現在8000人が署名をした。

なお、キンキーズドールは2020年までに全米で10店舗を開く計画だという。

日本ではリアルドールを貸し出す似たような業者はあったが、AI搭載の性ロボットの風俗業者は先を越されたか?

追記:2018年10月5日

結局テキサス、ヒューストンの店舗は中止となった。

コメントする







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】関根勤&関根麻里親子がお好み焼きで大興奮 お好み焼きケーキまで?
「今年のノーベル平和賞に文在寅大統領と金正恩が受賞する確率高い!」 タイム誌が報じる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「カナダの会社がテキサスで性ロボット風俗を開始」への1件のフィードバック

  1. まままま〜〜〜ん より:

    女性用のイケメンドールもあるんだから抗議運動なんてしてないでイケメンドールとプレイしたほうがよほど人生シアワセでしょうに。

匿名でコメントが可能です

"【動画】関根勤&関根麻里親子がお好み焼きで大興奮 お好み焼きケーキまで?
「今年のノーベル平和賞に文在寅大統領と金正恩が受賞する確率高い!」 タイム誌が報じる