【動画】ソニーホーム家電『MANOMA』発表 家の家電をスマホで操作や管理可能

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・ソニースマート家電『MANOMA』の発表会
・『MANOMA』は「セキュリティ」「オートメーション」に加えて「ニューライフスタイル」も
・実演も行われた

MANOMA発表会

スポンサードリンク


2018年10月10日、ソニーがスマートホーム家電『MANOMA(マノマ)』の発表会を行った。

スマートホームサービスに提供される「セキュリティ」「オートメーション」に加えて「ニューライフスタイル」という新たなライフスタイルを提供。

「セキュリティ」は家族全員が外出したことを検知すると、コミュニケーションカメラのレンズカバーが開き撮影、自動録画される。このコミュニケーションカメラは在宅時にはレンズカバーがしまっている。

「オートメーション」は家族全員が外出すると警戒モードに。警戒モード中に窓が開くなどの異常が検知されるとクラウド上に動画がアップされ、またAIホームゲートウェイから大音量の警告音が鳴るとともにスマートフォンに通知がいく。

「ニューライフスタイル」は家事代行、ハウスクリーニング、ペットサービス、介護、宅食サービスなど多様な生活支援サービス事業者と連携。『MANOMA』アプリを通じて玄関鍵を開閉できる。

提供機器はAIホームゲートウェイ、室内コミュニケーションカメラ、Qrio Lock、Qrio Smart Tag、開閉センサーとなっている。

『MANOMA』のAIホームゲートウェイはクラウド音声サービスAmazon Alexa を搭載。スマートホームHUB機能に加え、スマートスピーカー機能、LTE接続機能を備えた独自開発のゲートウェイ。また本機そのものをWi-Fiルーターとして利用することが可能。

料金プランは次の通り
エントリープラン…月額3682円
シンプルプラン…月額4404
ベーシックプラン…月額4710円
アドバイスプラン…月額5747円
(いずれも初期事務手数料3500円)

またこの日の発表会では実演も行われた。その実演の模様は動画にてご覧頂きたい。

コメントする

スポンサードリンク

AIホームゲートウェイ

コミュニケーションカメラ

開閉センサー

Qrio Lock

Qrio Hub

Qrio Smart Tag

実演







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国の女優ファン・ビンビン 140億円もの追徴課税を現金で完納してしまう
サムスンが世界初の画面を折りたためるスマートフォンを11月に発表か?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"中国の女優ファン・ビンビン 140億円もの追徴課税を現金で完納してしまう
サムスンが世界初の画面を折りたためるスマートフォンを11月に発表か?