中国で乗客に自身の尿を飲ませた運転手 「会社に言わないで首になる」と自分を殴る

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・中国版Uberでとんでもないトラブル
・喉が渇いた乗客が水を飲もうとしたら尿だった?
・運転手は平謝りし会社に言わないでほしいと謝罪

ディディチューシン(滴滴出行)

スポンサードリンク


中国版Uberとも言われている最大の自動車共有サービス「ディディチューシン(滴滴出行)」を利用した男性が、接待用のミネラルウォーターを飲んだ際に水だと思って飲んだところ運転手の尿だったことが判明した。

9日の夜、上海の普陀区(ふだく)で酒を飲んだ後、同僚と3人で自動車共有サービス「ディディチューシン」を使用し7人乗りの自動車に乗った。

酒を飲み過ぎて喉が渇いた男性は車の中で「ディディチューシン(Didi)」のロゴが印刷されたボトルを発見。これは会社側が乗客に無料で提供するサービス。
ボトルを取り運転手に飲んでもいいですかと聞き「前の乗客がペットボトルのキャップを開いたけど、水筒はいっぱいだから水を飲まなかったよ。大丈夫」と答えた。

その運転手の言葉を信じて水を飲んだ男性は驚いた。なんと男性が飲んだのは尿だったのだ。彼は運転手に抗議すると運転手はボトルに入っている尿が自分の物であると否定。その一方で、仕事を失うことを懸念して会社に言わないでくれとお願いした。

男性は「運転手は反省した態度を見せるために自分自身を殴り、またお金を補償すると言ってた」と語った。男性は結局「ディディチューシン」に抗議した。

「ディディチューシン」の関係者は、運転手のアプリにはトイレロケーターが内蔵されており、毎日3万人を超える運転手がこれを使用している。しかし運悪く近くでトイレを見つけることができず、水筒で済ましてしまったようだと説明。

またその運転手の営業を中断させ、トイレロケーター機能を強化すると明らかにした。

コメントする

スポンサードリンク

ソース







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"フランス人の会社所属のクリエイターがNGT48の新曲を作曲
【動画】故障したエレベーターのドアを無理に開ける 男性が中に入って行き落下死

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"フランス人の会社所属のクリエイターがNGT48の新曲を作曲
【動画】故障したエレベーターのドアを無理に開ける 男性が中に入って行き落下死