2024年に宇宙で子どもを出産してくれる女性を募集! 母親「あんたは宇宙で拾われてきたのよ」 子ども「!!!」

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・2014年に宇宙で子どもを出産してくれる女性を募集?
・妊娠8ヶ月半頃に宇宙に行く
・医療スタッフが搭乗

宇宙で出産

この企業はプロジェクトに志望した母親が、地球から約403km離れた上空に浮かんでいる宇宙船の中で、一緒に搭乗した医療スタッフの助けのもと、無事に子どもを産めるように支援する予定だ。

志望した母親は妊娠8ヶ月半ほどで宇宙に行く。宇宙船内で誘導分娩が行われ、母親と新生児の安全のために。宇宙放射線が最大限遮断されるように設計された宇宙船内の特別スペースを分娩室として配置。

今回のプロジェクトの名称を「Cradle」(揺りかご、またはベビーベッドという意味)だと発表。企業は「赤ちゃんは小さなよちよち歩きの開始が、人類にとっては巨大なよちよち歩きのスタートになるだろう」とし「もし人類が複数惑星で生存したい場合は、我々は人類がどのように宇宙空間で子孫を増やしていくことができるか知るべきである」と伝えた。

同企業は2021年卵子と精子を載せたインキュベータを宇宙空間に送った後、そこで受精を行い受精後の4日間、宇宙空間での生存にした後に再び地球に持って来るプロジェクトも計画している。

ソース





ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"東国原「安田純平を英雄視しろと言ってる人が居てビックリした。過剰に擁護しすぎ」
韓国の徴用工判決に日本が単独で国際司法裁提訴へ 韓国「アジアナチス」「人権侵害戦犯国家め」の声

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"東国原「安田純平を英雄視しろと言ってる人が居てビックリした。過剰に擁護しすぎ」
韓国の徴用工判決に日本が単独で国際司法裁提訴へ 韓国「アジアナチス」「人権侵害戦犯国家め」の声