2018/11/07 09:15:23

0

政治・経済・社会

カショギ記者殺害後にトルコに捜査員に紛れて工作員が入り込み証拠隠滅していた!?

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・サウジ総領事館で殺害されたカショギ記者の続報
・殺害後に捜査員に工作員が紛れてた?
・工作員が証拠隠滅

カショギ記者

トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で殺害されたジャーナリストのジャマル・カショギ記者。

事件発生後の1週間後に証拠を隠蔽するために清掃員をトルコに派遣依頼してたいたという疑惑が提起された。正確には清掃員ではなく専門家(いわゆる工作員)が捜査チームに紛れて総領事館に入りこんでいた。

11月5日、トルコ政府の日刊紙Sabahは、トルコ捜査官がサウジ総領事館を調査する前に、サウジラビアが化学・毒物学者などの専門家チームが犯罪の証拠を処分したと伝えた。

Sabahは専門家がサウジから派遣した捜査チームの11人のメンバーの一員としてトルコ入り。しかし実際は捜査するためでなく証拠を消すために派遣されていた。Sabahは2人の写真を公開した。

コメントする







ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"障がい者の女性に小麦粉と卵をぶっかけて記念撮影する若者集団が炎上 素性が判明し逮捕
行方不明になった男性が遺体で発見 DNA鑑定の結果男性の遺体と判明 → 2ヶ月後に生きた状態で登場

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"障がい者の女性に小麦粉と卵をぶっかけて記念撮影する若者集団が炎上 素性が判明し逮捕
行方不明になった男性が遺体で発見 DNA鑑定の結果男性の遺体と判明 → 2ヶ月後に生きた状態で登場