『HUAWEI Mate 20 PRO』をレビュー 間違い無くAndroidで最高峰の出来

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・『HUAWEI Mate 20 PRO』をレビュー
・贅沢スペックのオススメ機種
・トリプルレンズカメラは強力 比較画像も

HUAWEI Mate 20 PRO

HUAWEI(ファーウェイ)が昨年末に発売したAndroidスマートフォン『HUAWEI Mate 20 PRO』。

トリプルレンズカメラに向上したパフォーマンス、IPS68の防水、4200mAhの大容量バッテリーと贅沢な仕様になっている。充電はUSB Type-Cによる充電、もしくはQIによるワイヤレス充電が可能。

またワイヤレス給電という機能もありQI対応機種同士でバッテリーを分け与えることが可能。これは同じ『HUAWEI Mate 20 PRO』同士でなくても『HUAWEI Mate 20 PRO』から『iPhone X』なども可能だ(設定画面で「ワイヤレス給電」をオンにする必要がある)。

特に目を引くのがライカのトリプルレンズだろう。3つのレンズはそれぞれ約4000万画素の広角レンズ、約800万画素の3倍光学望遠レンズ、そして約2000万画素の超広角レンズが搭載されている。元々夜景に強いHUAWEIだが、更に夜景に強くなり、AI画像安定化機能により明るくクッキリと夜景が撮影できるようになった。

HUAWEI Mate 20 PRO
HUAWEI Mate 20 PRO

セキュリティーレベルも、パスワードロックは当然として、顔認識、そしてディスプレイに埋め込まれた指紋認証によりロック解除が可能となっている。

顔認識の解除もかなり早くiPhoneと同等クラスの早さで解除可能。また細かい設定が可能で、ディスプレイを見ただけで即解除も可能(設定によりスライドさせて解除か選択可能)。iPhone同様に「アイコンタクトを要求」という項目もあり、これをオンにすることにより、顔認識時に目を開く必要がある。

指紋認証はディスプレイ中央よりやや下に指紋を認識する箇所があり、そこに指を当てることにより指紋認証可能。
指紋認証

もちろんパフォーマンスも『iPhoneXs』にやや劣るものの十分な数値を叩きだしている。Antutuというベンチーマークの結果261944という数字が出た。特にGPUの数値が高くゲームをするのに長けていそうだ。

HUAWEI Mate 20 PRO
iPhoneのベンチーマーク結果

・NMカードがネックか?

ただ欠点が無いわけでも無い。SIMスロットに追加ストレージを差し込むことができるのだが、microSDカードではなく、NMカードという更に小さいストレージカード。
microSDカードは128GBだと5000円以下で入手可能だが、NMカードは128GBでも1万5000円~2万円する。HUAWEI独自のNMカードは過去にSONYが普及させようとしたメモリースティックを思い出させる。NMカード仕様にした狙いは小さい以外にもありそうだ。

Androidスマートフォンの機種変更を検討している人なら候補に入れて良い機種だと断言できる。SIMフリー版の端末価格は11万円前後で、カラーはブラック、トワイライト、エメラルドグリーン、ミッドナイトブルーの4色。

最後に『iPhoneXs MAX』との写真比較を掲載したのでご覧頂きたい。

※本記事はPRではございません。

<スペック>
OS:EMUI 9.0、Android 9ベース8
SoC:Kirin 980
メモリ:6GB/128GB
ストレージ:128GB/256GB
外部ストレージ:最大256GB(独自NMカード)SIM2と共用
ディスプレイ:6.39型/OLED/21:9
解像度:3120×1440/2K+
アウトカメラ:40M広角+20M超広角+8M望遠 Leica監修
インカメラ:24MP
バッテリー容量:4200mAh 40W充電対応 15Wワイヤレス充電対応 ワイヤレス給電対応
カラー:ブラック、トワイライト、エメラルドグリーン、ミッドナイトブルー
サイズ:高さ:157.8mm
横幅:72.3mm
厚さ:8.6mm
重量:189g
Wi-Fi:802.11 a / b / g / n / ac wave2
Bluetooth:5.0
コーデック
SBC
AAC
apt-X
apt-X HD
LDAC
HWA
ネットワーク:デュアルSIM版(LYA-L29)↓

SIM1
4G LTE TDD:B34 / B38 / B39 / B40
4G LTE FDD:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B32
3G WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6/ B8 / B19
3G TD-SCDMA:B34 / B39
2G GSM:B2 / B3 / B5 / B8(850/900/1800 / 1900MHz)

SIM2
4G LTE TDD:B34 / B38 / B39 / B40
4G LTE FDD:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8
B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
3G WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
2G GSM:B2 / B3 / B5 / B8(850/900/1800 / 1900MHz)

シングルSIM版(LYA-L09)↓
4G LTE TDD:B34 / B38 / B39 / B40
4G LTE FDD:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8
B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B32
3G WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
3G TD-SCDMA:B34 / B39
ドコモ回線 フル対応
ソフトバンク回線 対応
ワイモバイル回線 対応
au回線 au VoLTE SIM対応

比較画像 ※画像は縮小、文字入れ以外の補正、加工などは行わず。
iPhone Xs MAX

HUAWEI Mate 20 PRO

iPhone Xs MAX

HUAWEI Mate 20 PRO

iPhone Xs MAX

HUAWEI Mate 20 PRO

iPhone Xs MAX

HUAWEI Mate 20 PRO





ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"レーダー照射に対する韓国の反論映像を早ければ4日にも公開 国防省「映像は完成した 日本は震えて待て」
【速報】レーダー照射問題で韓国が反論動画を公開 YouTubeによくあるまとめ動画みたいなクオリティでワラタ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「『HUAWEI Mate 20 PRO』をレビュー 間違い無くAndroidで最高峰の出来」への4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    >夜景に強いHUAWEI
    ゴゴ通関係者の盗撮に強い味方だな!

  2. 匿名 より:

    今回の記事によるHUAWEIからの広告費で、スタッフがお寿司を美味しく頂きました。
    ついでに渋谷のHOOTERSで楽しくビールを頂きました。
    ???「HUAWEI最高!」

    1. 匿名 より:

      広告じゃ無いって書かれてるけど。

  3. 匿名 より:

    ただのレビュー記事を書いてるだけなのに盗撮だの広告だの無いこと書かれて大変だな。

    こいつら訴えたら?

匿名でコメントが可能です

"レーダー照射に対する韓国の反論映像を早ければ4日にも公開 国防省「映像は完成した 日本は震えて待て」
【速報】レーダー照射問題で韓国が反論動画を公開 YouTubeによくあるまとめ動画みたいなクオリティでワラタ