2019/02/03 12:06:31

2

政治・経済・社会

ロシアンルーレットをして死んでしまった警察官 一緒に遊んでいた警察を一級殺人容疑で起訴

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・アメリカの警察官がロシアンルーレットで死亡
・一緒に遊んでいた警察官を一級殺人容疑で起訴
・実弾が入っていた

ロシアンルーレットで死亡

アメリカの警察官が「ロシアンルーレット」を行い死亡するという事故が起きた。

ミズーリ州セントルイス警察署所属のカトリンズ・エルリクス(24)が本物の銃を使いロシアンルーレットを行ったところ死亡し、同僚警察官のナサニエル・ヘンドゥレン(29)を一級殺人容疑で起訴した。

1月24日、ナサニエル・ヘンドゥレンの家でロシアンルーレットを遊んでいたところ銃に撃たれて死亡したという。事件当日カトリンズ・エルリクスは非番で、ナサニエル・ヘンドゥレンは勤務日だった。その場に他の警官もおり、現場に居た警察官は2人に対して銃を持って遊ばないようにと注意し部屋を出て行った。

警察の発表ではカトリンズ・エルリクスとナサニエル・ヘンドゥレンは6発弾が入る拳銃に弾丸を1発だけ装填し、お互い一回ずつ引き金を引いた。そして2ターン目にナサニエル・ヘンドゥレンが引き金を引いたところ弾丸が発射しカトリンズ・エルリクスが胸を撃ったという。つまり3発目に銃が出るようになっていた。
このロシアンルーレットは自分で撃つのでは無くお互いが銃口を向けて引き金を引く遊びだったようだ。

部屋を出て行った警察官は銃声を聞き戻ってきて、カトリンズ・エルリクスが倒れているのを発見し病院に移送させたが、最終的に死亡。

ロシアンルーレットは19世紀にロシアの刑務所で看守が囚人たちに強制的にさせていた遊びで、誰かが必ず死ぬことから由来した。ロシアンルーレットで死ぬ確率は6発装填銃に1発弾を入れた状態で約17%となる。これは弾が発射される確率だけでなく、その後の死亡率も考慮した確率。

今回の事件も実弾が入っていたのでこのまま継続していれば必ずどちらかが死んでいたことになる。


ソース





ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ワイドナショーのセクハラ発言騒動にて 指原「『松ちゃん滑ってない?』と思った。今度からビンタね」
「七輪」というタトゥを入れてしまったアリアナ・グランデに対して東京五輪がやらかす

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ロシアンルーレットをして死んでしまった警察官 一緒に遊んでいた警察を一級殺人容疑で起訴」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    バカなのかな

  2. 匿名 より:

    コンビニバイトよりは、少しモルゲッソヨ韓が強い。

匿名でコメントが可能です

"ワイドナショーのセクハラ発言騒動にて 指原「『松ちゃん滑ってない?』と思った。今度からビンタね」
「七輪」というタトゥを入れてしまったアリアナ・グランデに対して東京五輪がやらかす