2019/02/22 16:56:04

1

エンタメ

イギリスの飲食店の看板に裸の男性が 消防隊が行くと「いやん」と拒否 何があったのか?

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・イギリスの飲食店の看板に全裸男が?
・消防隊が近づくと「いやん」と拒否
・2階は売春業者だった?

全裸男性

イギリスのグレーター・マンチェスター州にある飲食店の看板に裸の男性が立っているとの通報があった。

騒動が起きたのは2月19日で、建物の1階は飲食店で、男性はその飲食店の看板の上に全裸で立っている。この建物の2階は大人のための「ヘルスクラブ」となっており、いわゆるマッサージ店だ。

グレーター・マンチェスター消防署は午後3時頃に通報を受けて現場に駆けつけた。現場で男性が看板の上に立っているのを発見し、最大9メートルまで伸びるハシゴを使い男性の救助を試みた。消防士がハシゴを使いおりてくるように説得したところ、男性はそれを望まないようで、更に「いやん」と叫ぶなど気が動転しているようだった。

最終的に救助された男性は病院に運ばれ、その後に警察に引き渡され、精神保健法に基づいて拘禁された。

ところで男性が全裸で立っていた理由はなんだったのか? それはこの騒動の日に火災があったという。それにより店から抜け出した全裸の男性は仕方なく看板の上に立つしかなかったのだ。
5名の消防士が男性のもとに駆けつけ、4人が下で待機、1人がはしごを登り男性を救助に行ったというわけだ。

この建物の2階はただのマッサージではなくいわゆる売春業者ではないかと言われており、男性もこの売春業者に行ったのではないかと言われている。
ただ店側は快適なサロンと紹介しておりウェブサイトにも「私たちは、最高レベルで魅力的で官能的なマッサージを提供する。※性的サービスはしていない」と書かれている。


ソース





ゴゴ通信についてお問い合わせタレコミ

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"最優秀賞は200万円『ギンザ・ショートフィルム・コンテスト』初開催! 2月22日より募集開始 5分の短い映像で勝負しろ
中国人が離陸直前に硬貨を投げる風習が 硬貨がエンジンに入り離陸不可になり損害賠償230万円

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「イギリスの飲食店の看板に裸の男性が 消防隊が行くと「いやん」と拒否 何があったのか?」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)「マッサージ最高!」

匿名でコメントが可能です

"最優秀賞は200万円『ギンザ・ショートフィルム・コンテスト』初開催! 2月22日より募集開始 5分の短い映像で勝負しろ
中国人が離陸直前に硬貨を投げる風習が 硬貨がエンジンに入り離陸不可になり損害賠償230万円