【ゴゴデジ】ソニーの4Kハンディカムの画質はいかほどか? 同社のフルHDカメラと比較してみた

tw fv ht gg pk

『FDR-AXP35』正面
ソニーが2月20日に発売した4Kハンディカム『FDR-AXP35』。従来の物より一回りコンパクトになり、4Kビデオカメラとしては手頃な15万円とかいう価格帯に抑えられた。

そんな4Kハンディカム『FDR-AXP35』をソニーさんから借りることが出来たので、その画質を従来のソニーハンディカムと比較してみた。

インターフェイスや使い方は基本的に従来機と変わらず。この『FDR-AXP35』はプロジェクター機能があるが、それは過去のモデルにもあったので特別なモデルでは無い。メニュー操作も既にお馴染みの操作感で、タッチ操作で全てが行える。ソニーハンディカムを長年使ってきた人は、戸惑わず使うことが出来るだろう。

4Kといえば解像度が3840×2160のことを一般的に指す。日本では4Kというが世界では“UltraHD”という呼称で広まっている。YouTubeはもちろんこの4K再生やアップロードにも対応している。今回は2台のカメラを同時撮影し比較を行った。下記URLにて両機種での動画が閲覧可能。
また動画とは別に比較画像も掲載したので、フルHDと4Kがどれくらいの違いなのかご覧になってほしい。
比較画像

4K動画の恩威を得るには4K解像度のモニターが必要となる。撮影機材に加えて4Kモニターという敷居の高さではあるが、昨今はRetinaディスプレイのタブレットも普及してきたのでフルHD以上の高画質が需要としてあがってきているだろう。

ソニー4Kハンディカムとの比較動画(4K版動画)
ソニー4Kハンディカムとの比較動画(フルHD版動画)

『FDR-AXP35』 正面開き

『FDR-AXP35』背面画像

サイド画像

サイド画像2

トップ画像

サイド画像 閉じ

マニュアル

<スペック>
829万画素
光学10倍ズーム
3インチタッチパネル
内蔵メモリ64GB
連続撮影時間約2時間

関連記事

妊娠5か月のミキティがソニー本社でバースデー! 4Kハンディカムで息子を自慢

 

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『Apple Watch』のストレージ容量が判明! 全体容量8GBで音楽2GBに写真75MBまで
【App】iOSに待望のGoogleカレンダーアプリが登場! 今後のバージョンアップに期待?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"『Apple Watch』のストレージ容量が判明! 全体容量8GBで音楽2GBに写真75MBまで
【App】iOSに待望のGoogleカレンダーアプリが登場! 今後のバージョンアップに期待?