2015/04/09 15:37:36

1

政治・経済・社会

子供が蹴ったボールを避けようとバイクに乗った老人が転倒し1年4ヶ月後死亡 最高裁で思わぬ判決に

tw fv ht gg pk

サッカー
サッカーをしていた子供が勢い余ってボールを道路まで蹴ってしまい、その場に偶然通りがかったバイクに乗った85歳の老人が避けようと転倒。老人はそれっきり寝たきりになり1年4ヶ月後に肺炎で死亡してしまった。

遺族は子供の過失だとして損害賠償を求め、一審、二審共に約1100万円の支払いを命じた。そして本日最高裁判決が言い渡され、一審、二審の判決とは異なり支払う必要は無いという判決が下った。親の賠償責任認めず遺族側の請求を退ける形となった。

この事故は2004年に起きたもので、当時小学6年生の少年が起こしたもの。現在は23歳になっている。

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"YouTubeが月額制で広告非表示プランを正式発表
カメラ窃盗疑惑冨田選手のカメラ映像原本が公開 不鮮明映像を見て日本選手団が「これは冨田です」と発言

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「子供が蹴ったボールを避けようとバイクに乗った老人が転倒し1年4ヶ月後死亡 最高裁で思わぬ判決に」への1件のフィードバック

  1. @shita より:

    » 子供が蹴ったボールを避けようとバイクに乗った老人が転倒し1年4ヶ月後死亡 最高裁で思わぬ判決に http://t.co/FURIi3husp

匿名でコメントが可能です

"YouTubeが月額制で広告非表示プランを正式発表
カメラ窃盗疑惑冨田選手のカメラ映像原本が公開 不鮮明映像を見て日本選手団が「これは冨田です」と発言