2017/01/06 11:34:40

0

エンタメ

【映画レビュー】新年早々『ドントブリーズ』を観に行った感想 盲目老人宅に強盗し閉じ込められる

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・海外で大ヒットの『ドントブリーズ』の感想
・盲目老人宅に強盗に入ったら閉じ込められる
・老人には意外な秘密が?

ドントブリーズ
スポンサードリンク

昨年8月に米国で公開され少ない予算で制作されたにも関わらずヒットを飛ばした映画『ドントブリーズ(DON’T BREATHE)』。日本でも2016年12月16日に公開された。

トレイラーが衝撃的で、目の見えない老人の家に若者3人が強盗に入るも、逆に家から出られなくなり、その家から脱出するという映画。家から脱出するという似たようなコンセプトの映画はいくつもあるが、追いかける側が盲目という設定は珍しいだろう。

この映画をようやく見に行くことが出来たので、ネタバレしない程度に感想を書きたい。まずこの映画『ドントブリーズ』は大きな劇場では公開されていない。渋谷でもシネパレスという小さな劇場でしかやっておらず。都内でも数カ所しか見ることができない。

そんなわけで渋谷に公開時間少し前に集合。相手はニコニコ生放送の生主、横山緑である。この映画の予備知識無しで来たわけだ。時間あったため紀伊國屋のカフェで2人してお茶とケーキを楽しんだ。

そして12時30分になり公開時間。小さい映画館のためドリンクはペットボトルしか無い。別にかまわないが。

3人の強盗団は盗む物は1万ドルまで、現金は盗まないというポリシーで窃盗を行っている。どうやら1万ドルまでの物を盗むと禁固刑が厳しくなるのが理由のようだ。

そんあある日、30万ドルの財産を持っている老人を盗めと依頼を受ける。この3人は自らの意思ではなく、情報を提供され命令されて動いているわけだ。30万ドルとなるともちろん禁固刑も重くなるがかなりの額。メンバーの女性は娘とデトロイト生活はやめてLAに行けると喜ぶも、別のメンバーが反対し参加しないと言い出した。参加しない理由はもちろん金額が理由。「10万ドルは重罪で10年の懲役だ」と履き捨てその場を去った。そのメンバーが参加しないことにはセキュリティを破ることは出来ず計画遂行は出来ない。

不参加を決めた男性がターゲットの屋敷の住所をネットで調べると、「退役軍人、ロバーツ家族から数十万ドルのお金を受け取る」という見出しの記事を見つける。今回のターゲットの老人のことである。これで老人が現金を持っていることを確証する。

さてここから先は進入になるのだが、ネタバレを含むため大雑把に書いて行きたい。進入前の下見で「盲目だからと言って聖人とは限らない」というセリフ。これが後で意味をなしてくる。実はこの1人暮らしの老人にはとんでもない秘密があったのだ。

元軍人だったこともあり握力もかなりのもので首を締め上げるのも容易である。また目が見えない分、音にかなり敏感である。
3人の内1人が早々に撃ち殺され、残りは2人は。しかし1人しか居ないと言っていたため、当初は残り2人の存在に気付いて居ないが脱いでいた靴により存在が発覚。

映画を観て貰えばわかるが、そんなに大きな屋敷というわけではない。1階、2階、そして地下を逃げ回る作品で以下に低予算で老人と若者が逃げるかを描いたもの。
またただ逃げるだけでなく老人のとんでもない秘密まで知ってしまうのである。

追い詰められた際の恐怖感などがリアルに描写されているので、こういう映画が好きな人は是非見に行って欲しい。

この日はメンズデーということで男性1000円で観ることが出来た。

コメントする

スポンサードリンク








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"12月31日に結婚発表したぺこ&りゅうちぇる 井上公造が「破局する」と予想
中国で女子中学生がドアに首を挟むというとんでもないいじめ 学校「加害者に処分は無し」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"12月31日に結婚発表したぺこ&りゅうちぇる 井上公造が「破局する」と予想
中国で女子中学生がドアに首を挟むというとんでもないいじめ 学校「加害者に処分は無し」