2017/01/10 18:01:44

0

エンタメ

『進撃の巨人』の担当編集者の妻が昨年8月に変死で同編集者を逮捕 朴鐘顕は冤罪を主張

tw fv ht gg pk



スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・進撃の巨人の担当者が逮捕
・妻を絞殺した疑い
・モーニングの担当編集者が冤罪とツイート

ツイート
スポンサードリンク

『進撃の巨人』の担当編集者として講談社で編集を行っていたカリスマ編集者の妻が昨年8月9日に変死を遂げていたことが判明。当時は自殺とされており編集者である朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者が119番通報。

その後、監視カメラに不審者が映っていないことから朴鐘顕容疑者を妻の殺害容疑で逮捕。

しかし朴鐘顕容疑者に近い人物は冤罪であるという説明を受けているとツイートしている。漫画家の山川直輝さんは「本人からは『冤罪である』という説明は受けています」とツイート。

ただ本人が主張しているだけで、「クロで無い」という証拠が現時点であるわけではない。仮に殺害したとしたら何故妻を殺害しなければいけなかったのか。闇が深そうな事件である。

コメントする

スポンサードリンク







松本人志 Presents ドキュメンタル(Amazon独占配信)
30日間の無料体験期間で視聴可能






ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"2007年1月10日にiPhoneを公開したスティーブ・ジョブズ
エスパー伊東の引退はデマだった 「スポーツ新聞には良いように書かれた」と否定

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"2007年1月10日にiPhoneを公開したスティーブ・ジョブズ
エスパー伊東の引退はデマだった 「スポーツ新聞には良いように書かれた」と否定