2017/01/10 23:03:55

0

エンタメ

エスパー伊東の引退はデマだった 「スポーツ新聞には良いように書かれた」と否定

tw fv ht gg pk



スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・エスパー伊東が引退を否定
・自身のブログに「スポーツ新聞には良いように書かれた」と否定
・今後も活動を続けていく

東スポ
スポンサードリンク

10日に引退が報じられたエスパー伊東さん。しかしエスパー伊東さんは自身のブログにて引退を否定した。

ブログには次のように書かれている。

“本日、1月10日は「110番の日」
自分の中では「110(イトー)の日」ということでアート元年ということで新作発表する予定だった。いろいろ動いたが事情で少し遅れる。
たくさんの案の中の一つにタワシをを使ったものがある。

芸能は今まで通りではなく副にし、アート主に活動してゆきたい。これが本音だ。
「引退」するなんて一言も言っていないのにスポーツ新聞には良いように書かれた。
不本意。”

とこれまで通り芸能活動を続けていくとしている。報じたスポーツ紙は東スポで「エスパー伊東1-10(イトーの日)引退宣言」という見出しで掲載。
東スポには「芸術家転身へ」と書かれており、あばら骨が3本自然骨折しドクターストップが掛かりこれ以上続けるのは難しいという内容。

実際に東スポがエスパー伊東を取材したこの記事だが、良いように書かれたようで実際には引退しないという。

お騒がせしました

コメントする

スポンサードリンク






松本人志 Presents ドキュメンタル(Amazon独占配信)
30日間の無料体験期間で視聴可能






ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『進撃の巨人』の担当編集者の妻が昨年8月に変死で同編集者を逮捕 朴鐘顕は冤罪を主張
謝罪

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"『進撃の巨人』の担当編集者の妻が昨年8月に変死で同編集者を逮捕 朴鐘顕は冤罪を主張
謝罪