任天堂に訴えられた公道カートサービス『マリカー』 「マリカー」の商標を取っていた!

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・公道カート『マリカー』が任天堂に訴えられる
・声明文を発表
・昨年「マリカー」の商標を取っていた


スポンサードリンク

公道でカートを楽しむ事が出来る『マリカー(株式会社マリカー)』が、任天堂の著作物を無断で使用したとして著作権侵害で損害賠償1000万円を求めて東京地裁に2月24日に提訴した。これを受けて『マリカー』側は次の様な声明文を発表。

私たちのサービスは、旅行で来られる外国人の方々に非常に喜んで頂けており、口コミ で広がってきたサービスで、これを目的に日本に来てくださる外国のお客様も多く、Facebook、TripAdvisor 等のレビューにおきましても5つ星の評価を頂いていることなども あって、普段より各種報道機関に取り上げて頂く機会も多く、この場を借りて深く御礼を 申し上げます。

このように客から高評価を頂いているために著作権侵害ではないと主張している。

そんな『マリカー』を運営する株式会社マリカーは「マリカー」という商標を2016年に6月に登録していたことが判明。その登録に対して異議申し立てが行われており、これはおそらく任天堂からのものだと思われる。

公道カートサービスは数多くあるが、『マリカー』と任天堂の商品を名乗っているのはこのサービスのみ。よく渋谷や秋葉原で見かけるのはこの『マリカー』ではなく『アキバカート』というサービス。

現在『マリカー』のウェブサイトはサイトにアクセスしても真っ白の状態で、実質閲覧できない。

関連:任天堂に訴えられたレンタルカート『マリカー』の店内がまるで任天堂オフィシャルショップだと話題

コメントする

スポンサードリンク








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"宮崎県日南市の市長が50人にLINE誤送信 市長「不倫デマが拡散している 記事を削除させる」と弁明
ニコニコ動画公式Twitterが「プレミアム会員になれ」発言で炎上 「退会する」という人続出

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「任天堂に訴えられた公道カートサービス『マリカー』 「マリカー」の商標を取っていた!」への1件のフィードバック

  1.   より:

    ここもアウト
    早く取り締まらないと

    Bar裏面
    971.jp/
    the-goldengai.com/shops/cont/56
    twitter.com/#!/BARuramen
    facebook.com/BARuramen/

匿名でコメントが可能です

"宮崎県日南市の市長が50人にLINE誤送信 市長「不倫デマが拡散している 記事を削除させる」と弁明
ニコニコ動画公式Twitterが「プレミアム会員になれ」発言で炎上 「退会する」という人続出