2017/06/21 23:17:14

1

Twitter

謎のイベント『ブラックボックス展』で謝罪文を掲載 痴漢行為には触れず

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・六本木で『ブラックボックス展』が開催
・女性が痴漢行為にあう
・AXIONが謝罪文を掲載するも痴漢行為に触れず

謝罪文
スポンサードリンク

なかのひとよ氏(@Hitoyo_Nakano)が主催するイベント『ブラックボックス展』が六本木ギャラリーAXIOMにて2017年5月6日~6月17日に開催された。詳細は一切不明で、入場時にネタバレをしないという署名を書かされる。
入場料1000円となっており、中がどうなっているのかは事前には一切告知されていない。
入場時には門番が選別を行い、選ばれた者のみ入場が可能。選ばれなかったら入場は不可能なのである。そんな謎のイベント『ブラックボックス展』に長蛇の列が出来たのだ。

そんな『ブラックボックス展』で女性がセクハラ被害にあったというのだ。中に入ると何も見えない真っ暗闇。何か展示されているかと思いきや、それすら見えない。どうやら何も展示されておらず真っ暗闇を体験するというイベントのようだ。この中で女性は手を握られたり、胸を触られたり、更には強引にキスされそうになったりと言う被害報告が挙がっている。

この『ブラックボックス展』で被害にあった女性が麻布警察署に被害届を出したというのだ。この女性が被害届けを出した時点で既にこのイベントの被害報告は受けていたらしく、痴漢被害ではなく暴行罪として捜査することになったという。

編集部が麻布警察署に問い合わせたところ「女性の方が被害あったかどうかはお伝えすることは出来ない」という回答だった。

そんな『ブラックボックス展』が開催された六本木ギャラリーAXIONに謝罪文が掲載された。

“残念ながら我々が予期せぬ来場者による様々な行為(床のタイルを剥がす、壁を執拗に叩く、ドアを無理やり開けようとする等)があったことは事実として確認しております。
現在に至るまで直接ギャラリーに具体的な被害を申し立ていただいた事例はございませんが、それ以外にも問題行為があったとするならばそれは誠に遺憾であり、警察担当者のご協力のもと事実の究明を急いでおります。”

このように謝罪文を掲載。しかし女性に対する痴漢行為には一切触れられていない。今後麻布警察署と協力していくとのことであるがどうなるのか?

コメントする

スポンサードリンク








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"人をバカにする「バカウィルス」が発見される
森友学園の籠池前理事長が安倍昭恵に100万円を返金 100万円がどうみても偽物と指摘が

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「謎のイベント『ブラックボックス展』で謝罪文を掲載 痴漢行為には触れず」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    痴漢もなにもまっくらなら仮になかに入った人がその気でなくても
    そういった接触事故は起きるだろう 
    そこらへん何考えてつくったんだ

匿名でコメントが可能です

"人をバカにする「バカウィルス」が発見される
森友学園の籠池前理事長が安倍昭恵に100万円を返金 100万円がどうみても偽物と指摘が