2017/07/23 21:36:51

0

Twitter

今度はビックカメラ池袋本店がやらかす 「Switch10台の販売を抽選」と告知するも実際の販売台数は6台

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・ビックカメラ池袋本店にてSwitch10台を抽選と告知
・実際には6台しか販売されず
・ビックカメラ池袋本店側「10台未満」と告知していた

ビックカメラ池袋本店
スポンサードリンク

先日より『Nintendo Switch』の抽選で炎上続きなビックカメラが、またも新たな疑惑を生んでしまった。今度の舞台はビックカメラ池袋本店。

7月22日に朝に配布されたスプラトゥーン2本体同梱版の入荷数は10台と告知されたにも関わらず、実際に販売された台数(当選番号の数)は6台だったという。

これを見た人は「抽選のバンドを受け取る際に確かに同梱版は10台あると言われて選んだのに、発表は6台というのはどういうことなのでしょうかね?」「私も10台とバンド受け取る際に言われました」と疑問を投げかけている。実際に並ぶ際に「10台しかありませんよ」と店員に言われた人までいたという。しかし実際の販売台数は10台を下回る6台。

これはどういうことなのだろうか? ビックカメラ池袋本店に聞いてみたところ次のような回答が得られた。

記者 (経緯を話す)
担当 はい、こちら把握しております。経緯をお伝えしますと10台ではなく『10台未満』とお伝えしていたんです。
記者 10台未満で実際は6台ってことだったわけですか?
担当 はいそうなります。ただ今後に関しては全店曖昧な回答をせずに『何台』と具体的な数字をお伝えしたいと思います。

このように「10台未満」と客に伝えたのが「10台」と捉えられてしまったという。ただ6台とハッキリ言わなかったことについては今後は改善し、台数を明確にするとしている。

・連日炎上のビックカメラ

ビックカメラは21日に水戸駅店で行われたスプラトゥーン2本体同梱版の抽選の際に、連番であるはずの抽選券番号が1つ抜けており、その抜けていた番号がよりによって当選するという事態が起きた。
翌日22日はなんば店にて同様の連番であるはずの抽選券が1つ抜けており、その抜けていた抽選券が同様に当たりだった。

いずれもビックカメラ側は不正は無かったとしており、水戸駅店は翌日に再抽選、なんば店は複数の店員で配ったために一部が抜けたと主張。
詳しくは下記該当記事を参照。

関連:ビックカメラ池袋西口店でまたも不正か? Switch抽選券の連番抜きされた番号が当選
関連:ビックカメラのSwitch抽選券で不正か 当選券を意図的に抜いて渡し欠落番号が当選 店側は謝罪
関連:ビックカメラ水戸駅店に続きなんば店でSwitch抽選券で不正? 抜けていた抽選券が当選していたことが発覚
関連:ついに闇すぎるVR作品が出る 溝に入り込んで覗くとか……

 

コメントする

スポンサードリンク

客のツイート








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Twitterで「RTくれたら抽選でSwitchを差し上げます」というツイートが横行
ビックカメラ池袋西口店でまたも不正か? Switch抽選券の連番抜きされた番号が当選

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"Twitterで「RTくれたら抽選でSwitchを差し上げます」というツイートが横行
ビックカメラ池袋西口店でまたも不正か? Switch抽選券の連番抜きされた番号が当選