2018/02/05 00:07:43

4

エンタメ

平昌五輪の警備会社の宿舎と選手村で集団食中毒 一時的に宿舎を隔離し対応

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・平昌五輪の警備会社の宿舎と選手村で集団食中毒
・腹痛や嘔吐などの症状を訴える
・宿舎は隔離に

平昌五輪

スポンサードリンク


2月9日から開催される2018平昌冬季五輪だが、開催を目前にして民間警備会社の従業員宿舎と選手村など大規模な食中毒と思われる患者が訴え病院に運ばれた。

平昌五輪組織委員会と警備会社A社によると、4日現在江原道の大規模な宿泊施設に滞在していた24人が腹痛や嘔吐などの症状を訴えて病院に運ばれた。

江原道保健環境研究院は、検査の結果、一部の従業員がノロウイルスに感染したと推定されると結果を出した。

痛みを訴える職員などは、近くの病院の緊急治療室で治療を受けている。
特にこの日のオリンピック選手村でも5人ほど患者が同様の症状が発生したと伝えられた。

組織委員会等は、人体と環境を確保して精密分析を進めている。

宿泊施設には、警備会社の従業員や関係者など1200人余りが滞在しており更なる症状が出る可能性があるとしている。

これにより、平昌五輪組織委員会は、民間の警備会社担当者が選手団など、すべての出入りとの接触が避けられない状況であることを考慮して緊急措置をとった。

文書によると、組織委員会は、患者が発生したその施設を隔離し、その人材を現場に配置しない方針を決めた。

1次的に代替の警備人材を投入した後、今後は国防部に代替人材を要請する予定だ。

またIOCと協議し、全選手団に対する予防を実施する一方で、保健福祉部など関係機関と協議して緊急予防措置など疾病統制作業に乗り出す計画だ。

続報:平昌五輪ノロウイルスが発症した宿泊施設 組織委員会から不適合だと判定された宿だった 更に280人が追加で強制宿泊予定

コメントする

スポンサードリンク

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アメリカで白人教師が奴隷制度を説明するために黒人の生徒を床に寝かせて足で踏みつけ実演 大炎上し問題に
【平昌五輪】平昌市の店に「VISA使えます」のマーク → 実際には使えないトラブル続出

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「平昌五輪の警備会社の宿舎と選手村で集団食中毒 一時的に宿舎を隔離し対応」への4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    まだ始まってもないのに……

  2. 名無し より:

    やっぱりな。原因はキムチかな?
    大腸菌垂れ流しの河川沿岸で育った魚介類を、生で入れて作るからなあ。

  3. 匿名 より:

    まさにヘル朝鮮

  4. 匿名 より:

    相変わらず日本語が不自由だな

匿名でコメントが可能です

"アメリカで白人教師が奴隷制度を説明するために黒人の生徒を床に寝かせて足で踏みつけ実演 大炎上し問題に
【平昌五輪】平昌市の店に「VISA使えます」のマーク → 実際には使えないトラブル続出