2018/02/12 19:29:21

0

エンタメ

平昌五輪の選手村とボランティアの待遇の差が酷すぎると話題に ボランティアはボロ布団で雑魚寝

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・平昌五輪の選手村とボランティアとの待遇の差が酷い
・選手村は個室でベッドで快適 施設も充実
・ボランティアは雑魚寝で周辺に何も無し

選手村竣工時の垂れ幕

スポンサードリンク


平昌五輪の選手村とそれを支えるボランティアスタッフの待遇に差がありすぎると話題になっている。

選手村は入口に「わが家のように快適な平昌2018選手村」と横断幕が書かれており、その快適さを謳っている。

2015年7月に着工された選手村は2017年12月に竣工された。平昌選手村は15階建てが8棟で600世帯が入居可能で180億円を投資。江陵選手村は25階建てが9棟で922世帯が寝泊まり可能。こちらは214億円を投資。

部屋には冷暖房やベッド、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、シャワー、トイレなどが完備されており、近くにはコンビニ、美容室、レクリエーションセンター、フィットネス、宗教施設、銀行、郵便局などの設備が整っている。

・劣悪がボランティアの待遇

優遇されている選手村に比べてボランティアの待遇は非常に劣悪と言って良いだろう。個室までとはいかないまでも、選手村は1~3人ごとに部屋が与えられ快適に過ごすことが可能。
しかしボランティアはベッドどころかまともに寝る場所も無く、空いたスペースで雑魚寝状態。布団も綺麗とは言えずボランティアスタッフの疲れが取れる環境では無さそうだ。
もちろん男女入り乱れて寝るためセクハラ被害も多いという。

ボランティアの寮は新たに作ったものではなく、閉校した関東(クァンドン)大学キャンバスを寮として使用している。つまりそもそも寝泊まりに適した環境ではないということだ。シャワーは各班ごとに1つしかなく、入れ替わりで急いで入らないといけないという。

施設も悪くコンビニまでは往復30分、最も近い駅まではシャトルバスを使うしかない。最も心配なのは荷物で自室が無いためみんなを信用するしかないのだ。

関連:平昌五輪ボランティアがセクハラ被害続出 肩を揉むふりをして触ったり日常的に性暴行されていた人まで

コメントする

スポンサードリンク


選手村の部屋

ボランティアの待遇

ボランティアの待遇

ソース1
ソース2








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"平昌五輪開会式でNBCが「韓国は日本のおかげで発展した」と発言した解説者 解雇に追い込まれる
平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"平昌五輪開会式でNBCが「韓国は日本のおかげで発展した」と発言した解説者 解雇に追い込まれる
平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される