『ちびまる子ちゃん』お婆ちゃんが分身の作画ミスが話題に

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・『ちびまる子ちゃん』が作画ミス?
・お婆ちゃんが2人描かれる
・Twitterで話題に

作画ミス

スポンサードリンク


2018年4月15日に放送された『ちびまる子ちゃん(フジテレビ系)』にて奇妙な作画が確認され話題となった。

それは「中野さん、さくら家に泊まるの巻」というエピーソードの中で、家族がテレビのチャンネル争いをしている場面で「だったらここはお客さんの中野さんに決めて貰おうじゃないか」と父親が提案。

中野さんは「囲碁番組を見ています」と良い、お婆ちゃんが立ち上がりチャンネルを変える。その瞬間、お婆ちゃんが分身しているのだ。

チャンネルを変えるお婆ちゃんにテーブルの前に座っているお婆ちゃんの2人が描かれているのだ。どうやら座っているお婆ちゃんを消し忘れ、お婆ちゃんが2人になった状態で放送してしまったようだ。いわゆる作画ミスというものだ。

作画ミスの中には単純にキャラクターの絵が酷くなっている「作画崩壊」だけでなく、手が複数描かれたり、両方とも右手になっていたりと多々見られる。

コメントする

スポンサードリンク







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"MotoGPに出場したフランス選手 旭日旗デザインのヘルメットで出場したため韓国人から抗議を受ける
大韓航空ナッツ姫の妹が広告代理店社員の顔に水をかける騒動 音声データも公開される

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"MotoGPに出場したフランス選手 旭日旗デザインのヘルメットで出場したため韓国人から抗議を受ける
大韓航空ナッツ姫の妹が広告代理店社員の顔に水をかける騒動 音声データも公開される