2018/06/06 16:21:35

0

エンタメ

本田翼が殺人鬼を操る残酷ホラーゲームにはまる! インスタに投稿し話題に

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・本田翼が残酷ホラーゲームにはまる?
・はまっているゲームは『Dead by Daylight』
・『地球防衛軍5』や『モンスターハンター:ワールド』にもはまってる

本田翼 Instagram

人気女優の本田翼さんが自身のInstagramにとあるホラーゲームが好きだという投稿がされ話題になっている。そのホラーゲームとは、『Dead by Daylight(デッド・バイ・デイライト)』というゲームでPC版が2016年にリリース、そして今年の4月にPlayStation4版がリリースされた。

このゲーム非対称形対戦と言われるもので、サバイバー4人に対して殺人鬼1人と戦うオンラインゲーム。コンピューターは一切おらず、フィールドにいるキャラクターは全てオンラインのプレイヤーが操作している。

サバイバーはジェネレーターと言われる発電機を5つ修理、その後に出口を見つけて脱出するのが目的。一方、殺人鬼はサバイバーの脱出を阻止し全滅させるのが目的だ。

プレイヤーはサバイバー、殺人鬼どちらにもなれ、開始時に選ぶことができる。様々な個性のある殺人鬼がいることで話題となり、YouTubeでも多数のプレイ動画が公開されている。

そんな『Dead by Daylight』にハマってしまった本田翼さん。このゲーム一度ハマるとなかなか抜け出せなく、また1度のプレイが10分~20分と比較的短いことから短時間で気軽に遊ぶことが出来る。しかし「もう一度、もう一度」といつ辞めたらいいのかわからなくなりいつの間にか中毒に。
殺人鬼の中毒になる人もいれば、サバイバーで逃げる中毒になる人もいる。恐怖から脱出した達成感がたまらないのだ。

単に残虐なゲームというわけでなく、ゲームバランスが非常に良いゲームでまたプレイヤーの声を反映させる開発者のスタイルから支持されているこのゲーム。

本田翼さんは『Dead by Daylight』以外にも、『地球防衛軍5』や『モンスターハンター:ワールド』にもハマっていることを書いておりどうやらゲーマーとしても有名なようだ。

『Dead by Daylight』はスマホ版が『荒野行動』の会社より正式に開発が進められており、中国では『第五人格』の名前で既に配信されている。当初はパクリアプリかと思われたが、『Dead by Daylight』が協力すると正式表明。

関連:突如ブームになってきたゲーム『Dead by Daylight』 スマホ版は『荒野行動』の会社と共同開発を発表

コメントする

公式の発表







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国で女性専用車両ならぬ女性専用プールレーンが議論に もちろん男性専用は無し
第2ロッテワールドタワーに無断で登った有名登山家が逮捕 消防車14台と消防士65人が出動

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"中国で女性専用車両ならぬ女性専用プールレーンが議論に もちろん男性専用は無し
第2ロッテワールドタワーに無断で登った有名登山家が逮捕 消防車14台と消防士65人が出動