2016/01/28 17:56:10

4

エンタメ

【衝撃】超有名ゲーム会社の名前がいつの間にか変わっていた!!

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?

カルチャーブレーンエクセル

老舗の超有名ゲーム会社カルチャーブレーンをご存じだろうか。『飛龍の拳』シリーズや『スーパーチャイニーズ』シリーズで、ファミコンの頃からゲームを制作している老舗メーカーだ。

そんなカルチャーブレーンと言えば過去にゲームスクールを行っていたりと他分野で活躍。そこを卒業した超有名漫画家も居るくらいだぞ! しかしそのカルチャーブレーンがいつの間にか名称変更していたのだ。

公式ウェブサイトを見てみると“カルチャーブレーンエクセル”となっているのだ。ウェブサイトのドメインはそのままだが、アクセスするとカルチャーブレーンエクセルというロゴが見られる。

実は2007年に創業されていたらしいこのカルチャーブレーンエクセル。つい最近までは表に出ていなかっただけで、旧カルチャーブレーンの作品を引き継ぐ形で経営しているようだ。ウェブサイトにカルチャーブレーンエクセルと出るようになったのは1月20日頃から。

何が切っ掛けで表に出るようになったのかは不明だが、もしかしたら今後新作が続々登場するかもしれないぞ!

カルチャーブレーン伝説

カルチャーブレーンの何が凄いのか? それは有名プロデューサーの存在である。阿迦手観屋夢之助(あかでみあゆめのすけ)と名乗る同社のゲームプロデューサー。サングラスをかけており、またゲームだけでなくCMプランナー、インテリアデザイナーやテレビコマーシャルプランナー、雑誌の編集長、そしてイベントプロデューサーもしているという。実際にテレビ東京系列で放送していたゲーム番組には彼の息が掛かっており、カルチャーブレーンのゲームがゴリ推しされる場面が見られた。

2000年代になると今度はゲーム起動時に「ゆめのすけプロジェクト」と自身をリスペクトするロゴを表示するようになった。

Generator21

カルチャーブレーンはとんでもない物を開発していた。コンピュータの知識がまったくないクリエイターでもゲームを作れてしまうというスーパー秘密兵器『Generator21』である。完成は2010年としていたが、未だに公開されていない。それどころかサイトから『Generator21』の名称すら消えてしまっている。まだ秘密裏に開発している可能性は大いにあるだろう。

超有名漫画家ピョコタン先生よりタレコミでした。

阿迦手観屋夢之助

  

  

エルダー・スクロールズ・オンライン

下町ロケット【TBSオンデマンド】

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?

gogoad




プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"日本推し番組が激化 “日本凄い”だけでなく自国の文化を押し付ける下品な番組まで
【App】SMAPの謝罪会見を再現したアプリが登場! 高得点を狙え

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「【衝撃】超有名ゲーム会社の名前がいつの間にか変わっていた!!」への4件のフィードバック

  1. @Anann_dha より:

    【衝撃】超有名ゲーム会社の名前がいつの間にか変わっていた!! https://t.co/2XNe9cbLsO

  2. » 【衝撃】超有名ゲーム会社の名前がいつの間にか変わっていた!! https://t.co/UQPjmrkdsw

  3. @rafale6809 より:

    » 【衝撃】超有名ゲーム会社の名前がいつの間にか変わっていた!! https://t.co/yKpsgdVH32

    カルチャーブレーンエクセルだと?

  4. » 【衝撃】超有名ゲーム会社の名前がいつの間にか変わっていた!! https://t.co/2Zk3o0avSd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"日本推し番組が激化 “日本凄い”だけでなく自国の文化を押し付ける下品な番組まで
【App】SMAPの謝罪会見を再現したアプリが登場! 高得点を狙え