2017/06/23 18:36:18

3

エンタメ

中国の自転車シェアサービス業者が倒産 理由は9割の自転車は戻ってこないため



【簡単に説明すると】
・中国の自転車シェアサービス業者が倒産
・9割の自転車が戻ってこないため
・GPSを付けていないため探すことが出来ない
・昨年に自転車シェアサービス業者が多数登場

中国の自転車シェアサービス業者

自転車大国の中国で人気となっている自転車シェアサービス。これは主要な場所に大量の自転車が置いてあり、無料で乗っていき後日返却するというサービス。

数々の自転車シェアサービスが展開する中、初の倒産する業者が現れた。倒産したのはオコンという自転車シェアサービス会社。

5か月前に1200台の自転車を重慶地域を中心に展開したが、9割の自転車が消えてしまったという。

中国では昨年上海で自転車シェアサービスが20社以上営業開始し人気を集めている。

他社はGPSを付け、自転車が無くなった際に追跡することが出来たが、倒産したオコン社の自転車にはGPSすら設置していないため回収がほぼ不可能な状態だった。

更に重慶地域は「階段の街」と呼ばれ、階段が多いほか、傾斜も多い事から自転車に不向きな環境だったことが原因としてあげられる。

無くなった自転車は塗装されたり転売されたりと、勝手に使われていることが予想される。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"「いいね!」が欲しいために高層ビルから子供を宙づりにした写真を投稿 批判殺到で懲役2年宣告
韓国人だけがかかる病気とは? 米国精神医学会も認める正式な病気

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「中国の自転車シェアサービス業者が倒産 理由は9割の自転車は戻ってこないため」への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    中国人なのに中国人を分かっていなかったのか

  2. 匿名 より:

    GPS付けないとかアホ過ぎるだろ。電源は漕げば取れる自転車で。

  3. 匿名 より:

    善意で成り立つシステムが中国人に通用すると
    なぜ中国人が思ったのかが疑問
    自分たちの民度くらい把握してから商売しろよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"「いいね!」が欲しいために高層ビルから子供を宙づりにした写真を投稿 批判殺到で懲役2年宣告
韓国人だけがかかる病気とは? 米国精神医学会も認める正式な病気