2017/09/12 06:04:16

0

エンタメ

麻薬組織を一掃したフィリピンのドゥテルテ大統領 長男が中国系麻薬組織関与か 「誰だろうが事実なら処分する」



【簡単に説明すると】
・フィリピンのドゥトルテ大統領の息子が麻薬組織関与?
・中国系麻薬組織と同じ入れ墨が
・ドゥトルテ大統領「事実なら告訴する」

ドゥトルテ大統領

昨年6月にフィリピン大統領に就任後、麻薬組織を壊滅するために力を入れてきたドゥテルテ大統領。
麻薬組織を逮捕するもフィリピンでは死刑制度がないためその場で射殺するなど過激な行動に出ていた。しかしそれが市民の支持を得ており、また麻薬組織壊滅に繋がっている。中には自ら出頭する麻薬犯まで出てきているくらいだ。

そんなドゥテルテ大統領の長男が麻薬組織と関与している疑惑が持たれている。関与している組織は中国系の三合会という組織で、これをフィリピン媒体が9月10日に報じた。フィピンスターによると「ドゥトルテ大統領の息子パオロ・ドゥテルテが三合会の組織と判明。龍の形の刺青が証拠だ」と主張。

南部ダバオ副市長はパオロに対して「入れ墨を確認させてほしい」と尋ねるもそれを拒否。
ドゥテルテ大統領は2日後に開催された行事で自分の右腕に彫られたバラの入れ墨を公開。ドゥテルテ大統領は「息子にも娘にも同じ入れ墨がある」とこのバラの入れ墨を公開し、中国麻薬組織である三合会の組織という疑惑に不満を漏らした。

しかしこれだけでなく、パオロは中国からフィリピンに64億ペソ(137億円)分のヘロイン密輸の手助けをして賄賂を受け取った疑惑まで浮上。

ドゥテルテ大統領は「子どもだろうが腐敗に巻き込まれ立件されて有罪となればすぐに辞任する」と述べた。また「私の息子だろうが、娘と一緒に罪を犯した公務員がいたとしてもそれが親族だろうが親戚誰だろうが告訴する」と明らかにした。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"バイキングが香港のSMAPファンのインタビューを真逆の答えで捏造報道 「『寂しくて辛い』なんて答えてない」
『めちゃイケ』打ち切り正式決定報道はデマだった フジ「何も決まっていない」と回答

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"バイキングが香港のSMAPファンのインタビューを真逆の答えで捏造報道 「『寂しくて辛い』なんて答えてない」
『めちゃイケ』打ち切り正式決定報道はデマだった フジ「何も決まっていない」と回答