2018/01/26 17:44:26

2

エンタメ

2週間後に迫る平昌五輪の食事が酷いと話題に 完全に残飯レベル



【簡単に説明すると】
・平昌五輪のご飯が酷いと話題に
・完全に残飯レベル
・韓国のネットユーザーからも馬鹿にされる

平昌五輪のご飯

約2週間後に迫った平昌五輪のボランティアが、食堂の酷いメニューについてSNSに投稿し話題になっている。

23日、Instagramに平昌五輪で提供されるというメニューが掲載。投稿者は平昌五輪のボランティアと名乗っており、メニューの品質の割りに高いと怒りをぶちまけている。

写真にはご飯とキムチ、サンマと肉の炒めもの、そして使い捨ての皿にスプーンなどが載っている。このメニューで8000ウォン(約800円)だったという。
そのほかにもキムチ炒めも公開されているが他国の人の口にあうのか疑問。

また先日投稿された、パン2枚、スクランブルエッグ、オレンジジュース、ベーコンも事実だとしており、パン2枚で300円、スクランブルエッグ400円、オレンジジュース200円、ベーコン230円と内訳が決まっており、計1130円。

韓国のネットユーザーの間でボッタクリの意味をあらわす「チャンリョル」と平昌をあわせた「ピョンチャンリョル」というスラングまで作られた。

この食事はオリンピック本番に出されるのか、ボランティアだけなのかという憶測も飛び交ったが、これらのメニューは既にIOCが承認したメニューであることが発覚している。

関連:平昌五輪の施設で食べれるメニュー公開 「こんな物が1130円かよ」と驚きの声


平昌五輪のご飯

値段 8000ウォン

平昌五輪で食べれる食事

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"着付け業者『はれのひ』が経営破綻を発表 社長が弁護士同伴で今夜会見 債権者や客ブチギレか!?
「はれのひ」社長記者会見 社長は謝罪をせずにうつむき黙る 「バーチャル社長」「社長はARだよ」説まで

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「2週間後に迫る平昌五輪の食事が酷いと話題に 完全に残飯レベル」への2件のフィードバック

  1. 嫌韓太郎 より:

    惨め過ぎて
    開いた口が塞がらない

    ナニをやっても
    駄目な国
    「恥ずかしい」って言う意味を
    誰か教えてやれ

  2. 匿名 より:

    おいおい!文化や歴史を華やかだったニダと息巻くくせに、現代のこのレベルを自らが違和感無く堂々と提供出来てしまうことこそが歴史を現していると告白しているものなのだと何故気付かないのでしょうか。かわいそうだな。かわいそうだな。空虚な国を拠り所にして、無い歴史を誇りにして、夢ばかりを現実に重ね続けると、ああいう国になってしまうのです。ああいう民族になってしまうのです。身の毛がよだつとはこのことです。なにせ隣の国なんですもの。入って来てしまっているんですもの、日本人のふりをして。嗚呼いやだいやだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"着付け業者『はれのひ』が経営破綻を発表 社長が弁護士同伴で今夜会見 債権者や客ブチギレか!?
「はれのひ」社長記者会見 社長は謝罪をせずにうつむき黙る 「バーチャル社長」「社長はARだよ」説まで