2018/02/01 10:08:10

0

エンタメ

マリリン・モンローになりたい男性 何回も整形を繰り返し唇がとんでもないことになる



【簡単に説明すると】
・マリリン・モンローになりたい男性
・唇を何回も整形しとんでもないことに
・現在も整形で大きくしている

マリリン・モンローになりたい男性

マリリン・モンローになりたいと常日頃から思っていたフランスの男性、シリル・ルー(32)。

それを夢だけでなく現実にするために、度重なる整形を行いマリリン・モンローに近づけたところ、唇がとんでもないことになってしまった。
整形に使った費用は9700ユーロ(約130万円)。

ウェイターとして働く男性は26歳のときに初めてボトックス手術を行った。そして過去1年6ヶ月の間に6回唇にフィラー(詰め物)を含む20回の手術を行った。現在も2ヶ月に一度、唇に1ミリのフィラー注入を行っている。
ボリューム感のある唇を作るために4000ユーロ(約53万円)以上を投資。

自分が整形中毒になったと認め、唇整形だけでは満足できずに、今度はあご、頬インプラント、鼻の整形を希望しているようだ。そのための手術費用は2300ユーロ(約30万円)必要である。いつかお金を貯めて各部位の手術を行うとしている。

また男性は「街で通り過ぎざまに私を見て笑ったり、私と話したがる人がいる。私は私の外見が誇らしい。他人にはない僕だけの美しさが大切だ」とコメントした。


マリリン・モンローになりたい男性

マリリン・モンローになりたい男性

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"TBSの公開捜索番組で急展開 17年間軟禁され記憶がない男性が29年前に行方不明になった少年とそっくり話題 誘拐事件か?
台湾の市場 美女がショートパンツ姿で肉を切る姿見たさに客が殺到し売上が4倍に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"TBSの公開捜索番組で急展開 17年間軟禁され記憶がない男性が29年前に行方不明になった少年とそっくり話題 誘拐事件か?
台湾の市場 美女がショートパンツ姿で肉を切る姿見たさに客が殺到し売上が4倍に