2018/05/22 15:15:31

1

エンタメ

日大アメフト部の反則タックルを行った選手が会見 「反則は監督の指示」「監督が謝罪を止めた」



【簡単に説明すると】
・日大アメフト部の反則タックルを行った選手が会見
・全てを明らかにするため
・謝罪を監督に止められた

宮川泰介選手

日大アメフト部が関西学院大学の選手に対して危険な反則タックルをしたとして問題になっており、5月22日の14時45分より加害者側の選手が会見を行った。

日大アメフト部の宮川泰介選手(20)が語る前に代理人(弁護士)が今回の会見に至った経緯を説明。20歳を過ぎたばかりの男性が顔を出し会見するに至ったのは「顔を出さない謝罪はないだろ」ということで表に出て会見に出ることになった。

日大アメフト部と関西学院大学の定期戦にて5月6日、日大の選手が関西大学の選手に反則的な危険なタックルをして負傷させた問題で、内田監督から指示があったという。つまり反則行為の指示はハッキリあったという。
その後、謝罪をしようとしたのだが11日に監督から謝罪を止められたという。 その後15日に入り代理人が入り今回に至ったという。

このままでは事実が明らかにならないということで、今回の会見を開くことになった。その前に日大の内田正人監督は5月19日に辞意を表明。

実際の日大の回答は「乱暴的な行為を行うなどの選手に教えることはない」というものだった。

代理人からの説明が終えると宮川泰介選手が立ち上がり謝罪を行い深く頭を下げた。その後、試合までの経緯を説明。
・5月3日にコーチに練習から外される。
・4日になると監督は「宮川は試合に出さないから辞めていい」と言われる。
・5日になると「相手のクォーターバックを1プレー目で潰したら出してやる。髪型を坊主にしてこい」と言われる。宮川選手は相手のQBを潰すので出してくださいと提案を受ける。コーチは「出来なかった済まされないぞ」と念を押される。
・退場になりテントに戻るとき、事の重大さに気づき泣いているのを見られる。
・監督「世間は監督を叩きたいだけ」
・退部を申し出た私を引き止めようとした
・父から「相手選手に謝罪に行きたい」と提案したところ監督は「今はそれはやめてほしい」と言われた
・14日、聞き取り調査を受ける
・18日、関学と被害選手に直接謝罪

関連:【動画】日大アメフト部の内田監督が辞意 会見中も関西学院大学の名前を全て間違える



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アリさんマークの引越社 適当すぎる作業に客がブチギレ 適当にゴミを捨て契約書まで破棄
日大アメフト部反則タックルを指示したコーチ 同性愛ビデオに出演疑惑か?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「日大アメフト部の反則タックルを行った選手が会見 「反則は監督の指示」「監督が謝罪を止めた」」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    謝罪会見よくがんばった!
    勇気を大事にして!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"アリさんマークの引越社 適当すぎる作業に客がブチギレ 適当にゴミを捨て契約書まで破棄
日大アメフト部反則タックルを指示したコーチ 同性愛ビデオに出演疑惑か?