2018/08/01 14:41:56

3

エンタメ

ボクシング不正判定問題 日本ボクシング連盟山根会長は在日だったことが判明 韓国メディアが紹介



【簡単に説明すると】
・ボクシング不正判定問題
・山根会長は在日韓国人と過去に韓国メディアが紹介
・様々な疑惑が浮上している山根会長

韓国メディア

ボクシングの不正判定、いわゆる奈良判定と呼ばれるものや、助成金の不適切流出問題で渦中の人物となっている山根明会長。

韓国の2016年の記事によると山根会長は在日韓国人だと報じられていたことがわかった。記事では山根会長のことを韓国系日本人と書いており、日本の世界チャンピオンを育成する人物として紹介。彼の経歴を紹介するだけでなく、韓国釜山に兄弟がいることや、日本だけで無く韓国のボクシングにも関心があり韓国に合宿していたと書かれている。

実際に日本のボクシングは2011年に韓国で合宿し交流を深めている。

・疑惑の奈良判定

現在、日本ボクシング連盟では疑惑の「奈良判定」というものが浮上しており、奈良出身の選手に判定勝ちさせるように忖度しているという。奈良出身の選手を勝たせなかった審判は山根会長から「荷物を纏めて帰れ」と言われるほどだった。目の前で奈良出身の選手が勝つのが見たい山根会長。

・助成金不正流用や公式試合用グローブ独占販売

そのほかに助成金を不正流用したり、公式試合用グローブを独占販売するという疑惑まで浮上。市場のグローブよりも2~3割高く、振込先が山根会長の親族と指摘されると「販売するのは違反なのか」と反論。音声では独占について問いただしたのだが、販売の有無についての議論になり論点ずれてしまった。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Nintendo Switch版『UNDERTALE』の発売日が9月15日に決定 コレクターズエディションも発売決定
ロスで凶器を持った男が女性を人質とる 警察が容疑者に一斉発砲するも人質まで殺してしまう

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ボクシング不正判定問題 日本ボクシング連盟山根会長は在日だったことが判明 韓国メディアが紹介」への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    「将軍様のおかげです」と同じ臭いを感じていたが正にそうだったか
    「山根会長のおかげで優勝することができました」

  2. 匿名 より:

    韓国での本名は「文甲明」だそうです

  3. 庵野運 より:

    (韓国系)ザイニチを主要ポストに依頼する/配置するとこうなるって言う一例ですね。
    日本がガタガタになるのを喜ぶ奴らに任すと、最悪(国が)乗っ取られ兼ねない。
    中国系の一部もアブナイ(恐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Nintendo Switch版『UNDERTALE』の発売日が9月15日に決定 コレクターズエディションも発売決定
ロスで凶器を持った男が女性を人質とる 警察が容疑者に一斉発砲するも人質まで殺してしまう