2019/02/16 11:53:29

1

エンタメ

中国の10歳の少年 お年玉返せと父親を訴え勝訴



【簡単に説明すると】
・中国の10歳の少年がお年玉返還を求め訴訟
・父親を訴え勝訴
・3000元(5万円)を返すように命令

お年玉

中国の10歳の少年がお年玉を返して欲しいと父親を訴えたとこと、勝訴したと報じられた。

中国の広東省、白雲裁判所は子供も自分の通帳を持つ権利があるとして、父親に元金と利子を合わせて返すように命じた。

2016年「徐」という名の少年は、父親がお年玉として受け取った3000元(約5万円)を返すように提訴。

父親は2014年、2015年と子供が受け取ったお年玉3000元を自分の銀行口座に入金していた。

ところが、父親は2016年3月にこのお金を引き出したが、当時引き出した金額は利子を含めて3045元だった。

こんな父親に対して裁判所は「たとえ子供であっても、自分の口座を持つ権利があり、そのお金を子供が自分で使う権利もある」と判決を出した。

判決内容が知られるとウェイボでは「いくら親であっても、他人のお金を勝手に使う権利はない」との判決を支持する意見があれば、 「酷い判決である。家族と親がいなかったら育ってなかったのにか」という反応が挙がっていた。


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"レゴ31万個で作ったF1レーシングカー オークションで1000万円超え
理研が「京」に続くスーパーコンピュータの名前を公募

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「中国の10歳の少年 お年玉返せと父親を訴え勝訴」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    未成年の子が、親を公の場(裁判所)に引きずり出し、恥を晒した、時点で親不孝である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"レゴ31万個で作ったF1レーシングカー オークションで1000万円超え
理研が「京」に続くスーパーコンピュータの名前を公募